【広域】2018年3月デビュー「特急ロマンスカー・GSE」/箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー

 小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体がこのほど完成し、愛称を「GSE」に決定した。新型車両は、2018年3月中旬にデビューする。
 愛称は、開発コンセプト《箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー》をもとに、優雅さを表す「Graceful」を用い、「Graceful Super Express」の頭文字から命名。カラーリングは、車体を「薔薇」の色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色の「ルージュボルドー」とし、側面にはロマンスカーの伝統カラー「バーミリオンオレンジ」の帯を配した。

新型特急ロマンスカー・GSEの外観

 編成は7両固定編成(ボギー車・編成長約142m)。編成定員は400人(全席指定)。製造車両は2編成14両。営業運転開始は、2018年3月中旬(1編成は、2018年度以降の予定)。運行(予定)は、土休日:新宿~箱根湯本 3~4往復(モーニングウェイ号、ホームウェイ号でも運行)、平日:新宿~箱根湯本 2~3往復(同)。

GSEの展望席


GSEの中間車両内部

 主な特徴は、次の通り。
【展望車両(最前・後部車両】大型一枚ガラスを採用した展望席を両先頭車両に16席設置。座席上の荷棚をなくし、ダイナミックな眺望と開放的な空間を創出した。
【車両側面の窓の高さ拡大】VSEやMSEよりも30センチ高い100センチとし、沿線の四季折々の風景が楽しめる。
【フルアクティブサスペンション】左右方向の車両振動を低減する「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を、在来線量産車両として国内で初めて編成の全車両に搭載した。
【荷物収納スペース】4号車を除く各車両の出入り口デッキ部付近にラゲージスペースを設置。全車両の座席の下には、国内線機内持ち込みサイズ(55×40×25センチ以内)の荷物収納スペースを確保した。
【車内無料Wi-Fiシステム】インターネット接続環境の提供と、展望ライブ映像などが楽しめるコンテンツを配信する。
【トイレ】電動車いすでも利用できるゆったりトイレを設置。トイレはすべて洋式で温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」を設備した。
【コンセント】各座席の肘掛部に設置した。
【防犯カメラ】出入り口デッキ部と客室内に設置し、乗務員室でリアルタイムに客室内の映像を確認できる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…
  2.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…
  3.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…
  4.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…
  5.  日本三大船まつりのひとつに数えられる真鶴貴船まつり(国指定重要無形文化財)の”輝”を切り撮った「貴…
  6.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…

ページビュー

  • 89942総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2064月別閲覧数:
ページ上部へ戻る