【広域】2018年3月デビュー「特急ロマンスカー・GSE」/箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー

 小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体がこのほど完成し、愛称を「GSE」に決定した。新型車両は、2018年3月中旬にデビューする。
 愛称は、開発コンセプト《箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー》をもとに、優雅さを表す「Graceful」を用い、「Graceful Super Express」の頭文字から命名。カラーリングは、車体を「薔薇」の色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色の「ルージュボルドー」とし、側面にはロマンスカーの伝統カラー「バーミリオンオレンジ」の帯を配した。

新型特急ロマンスカー・GSEの外観

 編成は7両固定編成(ボギー車・編成長約142m)。編成定員は400人(全席指定)。製造車両は2編成14両。営業運転開始は、2018年3月中旬(1編成は、2018年度以降の予定)。運行(予定)は、土休日:新宿~箱根湯本 3~4往復(モーニングウェイ号、ホームウェイ号でも運行)、平日:新宿~箱根湯本 2~3往復(同)。

GSEの展望席


GSEの中間車両内部

 主な特徴は、次の通り。
【展望車両(最前・後部車両】大型一枚ガラスを採用した展望席を両先頭車両に16席設置。座席上の荷棚をなくし、ダイナミックな眺望と開放的な空間を創出した。
【車両側面の窓の高さ拡大】VSEやMSEよりも30センチ高い100センチとし、沿線の四季折々の風景が楽しめる。
【フルアクティブサスペンション】左右方向の車両振動を低減する「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を、在来線量産車両として国内で初めて編成の全車両に搭載した。
【荷物収納スペース】4号車を除く各車両の出入り口デッキ部付近にラゲージスペースを設置。全車両の座席の下には、国内線機内持ち込みサイズ(55×40×25センチ以内)の荷物収納スペースを確保した。
【車内無料Wi-Fiシステム】インターネット接続環境の提供と、展望ライブ映像などが楽しめるコンテンツを配信する。
【トイレ】電動車いすでも利用できるゆったりトイレを設置。トイレはすべて洋式で温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」を設備した。
【コンセント】各座席の肘掛部に設置した。
【防犯カメラ】出入り口デッキ部と客室内に設置し、乗務員室でリアルタイムに客室内の映像を確認できる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  2.  茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほ…
  3.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-F…
  5.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  6.  熱海市議会11月定例会の議会運営委員会が12月1日、市役所で開かれ、議会側が齊藤栄市長の議会軽視の…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る