【小田原市】光と音のファンタジーショー「冬の桜イルミネーション」/難攻不落の城・小田原城で開催中!

 冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーション」が12月9日から、小田原城址公園本丸広場でスタートした。平成30年3月4日まで。点灯時間は、午後5時~同9時。天守閣は、午後7時まで開館を延長。入場料金は、一般500円、小中学生200円、最終入場は、午後6時30分。元旦の入館者には、”難攻不落”の小田原城にあやかった五角形の”合格鉛筆”をプレゼントする。主催は小田原市観光協会(石田武会長)。

小田原少年少女合唱隊の澄んだ歌声が響いた

 オープニングを飾る点灯式では、相洋高校和太鼓部による太鼓パフォーマンスに続き、石田会長が「このようなイルミネーションは、全国でも初めてではないか。夜空に舞う光と音による幻想的な世界をユックリと楽しんでほしい。1度見たら、友達・知人とともに2度、3度と来たくなるようなイベントだと思う」と挨拶した。

小田原城をカラフルに彩るイルミネーション

 加藤憲一小田原市長、牧島かれん代議士の挨拶、ベルマーレクイーン、10代目風魔小太郎らの紹介などに続いて、小田原少年少女合唱隊による澄んだ歌声が響いた後、幻想的な光と音が天守閣と本丸広場を包み込み、詰めかけた多くの人たちを“幽玄の世界”へと誘った。

天守閣の展望デッキから望む本丸広場

 イルミネーションは、冬の桜や梅、藤、花菖蒲、紫陽花など小田原城ゆかりの花々をイメージした《踊る光と飛ぶサウンド》の演出に加え、カップルなどで手を繋ぎあい、互いにセンサーにタッチすると花々の“色”が変化して動き出す体感型演出《北条のキズナ》などもある。また、天守閣の展望デッキからの眺望は、本丸広場を駆け巡る光の花々と小田原城下の街並も楽しめる。

本丸広場に小田原城ゆかりの花が出現


(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は2月13日、一般会計と6特別会計(国民健康保険、訪問看護ステーション、介…
  2.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  3.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  4.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…
  5.  文化審議会(馬淵明子会長)は1月19日に開いた同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、箱根町(山口…
  6.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…

ページビュー

  • 77795総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る