【小田原市】市社会福祉基金に10万円/茶道裏千家淡交会が寄付

 茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を訪ね、「福祉に役立てて欲しい」との願いを込め、10月15日に同市板橋の松永記念館で開いた「慈善茶会」の茶券代売上の一部10万円を贈った。同支部からの寄付は、今年で31回目、総額315万円となった。
 同市では、寄付金を市社会福祉基金に積み立て、地域福祉活動の推進に活用する。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市渚町の熱海交通自動車が11月27日をもって事業を停止した。静岡地裁沼津支部に自己破産手続きの…
  2.  湯河原町(冨田幸宏町長)は1月29日付で、同町土肥の湯河原町消防署内で昨年12月27日に発生した消…
  3.  5年前、会社員を卒業して14ヵ月の世界一周の旅に出た紺栄太・晴(はるる)さん夫妻(中井町)は、地球…
  4.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…
  5.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  6.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…

ページビュー

  • 77992総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1466月別閲覧数:
ページ上部へ戻る