【小田原市】市社会福祉基金に10万円/茶道裏千家淡交会が寄付

 茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を訪ね、「福祉に役立てて欲しい」との願いを込め、10月15日に同市板橋の松永記念館で開いた「慈善茶会」の茶券代売上の一部10万円を贈った。同支部からの寄付は、今年で31回目、総額315万円となった。
 同市では、寄付金を市社会福祉基金に積み立て、地域福祉活動の推進に活用する。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市消費生活センターはこのほど、悪質商法による高齢者の被害が増加していることから、高齢者を地域…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  3.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  4.  2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中で…
  5.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …
  6.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…

ページビュー

  • 104914総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る