【小田原市】市社会福祉基金に10万円/茶道裏千家淡交会が寄付

 茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を訪ね、「福祉に役立てて欲しい」との願いを込め、10月15日に同市板橋の松永記念館で開いた「慈善茶会」の茶券代売上の一部10万円を贈った。同支部からの寄付は、今年で31回目、総額315万円となった。
 同市では、寄付金を市社会福祉基金に積み立て、地域福祉活動の推進に活用する。

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  2.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  3.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  5.  全国で44番目の森林セラピー基地「森林(もり)のおもてなし やまきた」に認定された山北町森林セラピ…
  6.  箱根町(山口昇士町長)は2月16日、一般会計と9特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、…

ページビュー

  • 73870総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 58昨日の閲覧数:
  • 776月別閲覧数:
ページ上部へ戻る