【箱根町】テレビ・タイヤなど900キロのゴミ回収/行政、鉄道・観光事業者21機関が「不法投棄防止一斉パトロール」

 ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化清掃活動」がこのほど、富士箱根伊豆国立公園・箱根地域で行われた。過去10年間の活動では、約900人が10トンのゴミを回収している。

不法投棄ゴミを崖下から引き上げる参加者

 今年の一斉パトロール&美化清掃活動」には、国交省・林野庁・環境省・神奈川県・箱根町・御殿場市・裾野市など11の行政機関と10の鉄道・観光事業者などが協力。約80人の参加者は、指定のごみ袋を手に各機関・団体の所掌範囲や事業地周辺のパトロールと清掃活動に汗を流し、可燃ゴミや缶、ビン、ペットボトル、傘などのほかテレビ・タイヤ、マッサージチェア、自動車部品の不法投棄ゴミなど約900キロを回収、軽トラックで運んだ。

軽トラックに積まれた可燃ゴミと不法投棄ゴミ

 不法投棄されたマッサージチェアなど大型ゴミは、ロープを使って二、三人がかりで崖下から引き上げた。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…
  2.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  3.  「伊豆さがみ情報ネット」エリアの自治体(4市8町:小田原市、南足柄市、熱海市、伊東市、中井町、大井…
  4.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《まつだ桜まつり・雛の…
  5.  箱根町議会(沖津弘幸議長)の12月定例会は12月5日から15日までの会期11日間の日程で開かれる。…
  6.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る