【小田原市】初春を待つ!小田原城天守閣/城下町の師走の風物詩「すす払い」

 城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす払い」が12月13日、冬晴れの空に映える白亜の天守閣や常磐木門、銅門(あかがねもん)などで行われた。

一年の感謝と千客万来の願いを込めた天守閣の「すす払い」

 すす払いは、横一列に並んだ4人が、城址公園内から伐りだした長さ約4.5メートルの女竹(めだけ)を自在に操りながら、一年の感謝と千客万来の願いを込めて、瓦や白壁、軒下などに積もったホコリや蜘蛛の巣を払い落とした。

天守閣へと続く常磐木門のホコリやチリを払い落とした

 小田原城は、明治4年(1871)の廃城で解体されたが、市制20周年を記念して昭和35年(1960)に江戸期の絵図や模型などをもとに復興、同46年(1971)に常磐木門、平成9年(2009)に馬出門が復元された。また、同27年(2015)7月から翌28年4月にかけて耐震工事を中心とした〈平成の大改修〉を行い、同年5月に天守閣リニューアルオープン。今年7月5日には、リニューアルオープン以降の累計入場者数が100万人を達成した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  2.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  3.  熱海市の2018年度予算編成へ向けた市長ヒアリングが1月5日、市役所で始まった。齊藤栄市長と森本要…
  4.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  5.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は2018年2月2日午後7時30分から、芦…
  6.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…

ページビュー

  • 80080総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 104昨日の閲覧数:
  • 1428月別閲覧数:
ページ上部へ戻る