【小田原市】初春を待つ!小田原城天守閣/城下町の師走の風物詩「すす払い」

 城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす払い」が12月13日、冬晴れの空に映える白亜の天守閣や常磐木門、銅門(あかがねもん)などで行われた。

一年の感謝と千客万来の願いを込めた天守閣の「すす払い」

 すす払いは、横一列に並んだ4人が、城址公園内から伐りだした長さ約4.5メートルの女竹(めだけ)を自在に操りながら、一年の感謝と千客万来の願いを込めて、瓦や白壁、軒下などに積もったホコリや蜘蛛の巣を払い落とした。

天守閣へと続く常磐木門のホコリやチリを払い落とした

 小田原城は、明治4年(1871)の廃城で解体されたが、市制20周年を記念して昭和35年(1960)に江戸期の絵図や模型などをもとに復興、同46年(1971)に常磐木門、平成9年(2009)に馬出門が復元された。また、同27年(2015)7月から翌28年4月にかけて耐震工事を中心とした〈平成の大改修〉を行い、同年5月に天守閣リニューアルオープン。今年7月5日には、リニューアルオープン以降の累計入場者数が100万人を達成した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  2.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  3.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  4.  中井町(杉山祐一町長)は12月9日から、マンホールの蓋(ふた)に町の花(リンドウ)、町の木(キンモ…
  5.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  6.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る