【小田原市】初春を待つ!小田原城天守閣/城下町の師走の風物詩「すす払い」

 城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす払い」が12月13日、冬晴れの空に映える白亜の天守閣や常磐木門、銅門(あかがねもん)などで行われた。

一年の感謝と千客万来の願いを込めた天守閣の「すす払い」

 すす払いは、横一列に並んだ4人が、城址公園内から伐りだした長さ約4.5メートルの女竹(めだけ)を自在に操りながら、一年の感謝と千客万来の願いを込めて、瓦や白壁、軒下などに積もったホコリや蜘蛛の巣を払い落とした。

天守閣へと続く常磐木門のホコリやチリを払い落とした

 小田原城は、明治4年(1871)の廃城で解体されたが、市制20周年を記念して昭和35年(1960)に江戸期の絵図や模型などをもとに復興、同46年(1971)に常磐木門、平成9年(2009)に馬出門が復元された。また、同27年(2015)7月から翌28年4月にかけて耐震工事を中心とした〈平成の大改修〉を行い、同年5月に天守閣リニューアルオープン。今年7月5日には、リニューアルオープン以降の累計入場者数が100万人を達成した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  町の花・スイセンが咲き、富士山を望むのどかな町のPRや町民への愛着を深めてもらおう-と、大井町(間…
  2.  大滑車に取り付けた長さ9メートルの大数珠を床に投げつけながら廻す、全国でも珍しい行法「世附(よづく…
  3.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…
  4. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…
  5.  小田原市久野の小田原フラワーガーデン(八木量子園長)のトロピカルドーム温室では、透明感のある小さな…
  6.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…

ページビュー

  • 89642総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1764月別閲覧数:
ページ上部へ戻る