【小田原市】初春を待つ!小田原城天守閣/城下町の師走の風物詩「すす払い」

 城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす払い」が12月13日、冬晴れの空に映える白亜の天守閣や常磐木門、銅門(あかがねもん)などで行われた。

一年の感謝と千客万来の願いを込めた天守閣の「すす払い」

 すす払いは、横一列に並んだ4人が、城址公園内から伐りだした長さ約4.5メートルの女竹(めだけ)を自在に操りながら、一年の感謝と千客万来の願いを込めて、瓦や白壁、軒下などに積もったホコリや蜘蛛の巣を払い落とした。

天守閣へと続く常磐木門のホコリやチリを払い落とした

 小田原城は、明治4年(1871)の廃城で解体されたが、市制20周年を記念して昭和35年(1960)に江戸期の絵図や模型などをもとに復興、同46年(1971)に常磐木門、平成9年(2009)に馬出門が復元された。また、同27年(2015)7月から翌28年4月にかけて耐震工事を中心とした〈平成の大改修〉を行い、同年5月に天守閣リニューアルオープン。今年7月5日には、リニューアルオープン以降の累計入場者数が100万人を達成した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  2.  NPO法人おだわらねこと小田原市は、野良猫の現状や猫の適正飼育などについて理解を広めるイベント「お…
  3.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  4.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  5.  小泉進次郎旋風から一夜明けた10月16日、希望の党の前職・渡辺周氏が公示日に続いて2回目の熱海入り…
  6.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…

ページビュー

  • 121708総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 30昨日の閲覧数:
  • 150月別閲覧数:
ページ上部へ戻る