【小田原市】2つの珍花見ごろ…翡翠色の華「ラケナリア・ヴィリディフロラ」&幻の黄金色の椿「キンカチャ(金花茶)/小田原フラワーガーデンに咲く

 小田原市久野の小田原フラワーガーデン(八木量子園長)のトロピカルドーム温室では、透明感のある小さな翡翠(ひすい)色の花「ラケナリア・ヴィリディフロラ」と幻の黄金色の椿「キンカチャ」が開花し、訪れる人たちの目を楽しませている。
 ラケナリア・ヴィリディフロラは、南アフリカのケープ地方の岩場に自生する半耐寒性球根植物。現在、200株ほどのラケナリア・ヴィリディフロラは、透き通ったクリスタルのような小さな花(約2センチ)を1株に10~20個付け、可憐な姿を見せている。翡翠色の花が咲く植物は、同ガーデンのメインフラワーとして春に開花する「ヒスイカズラ」と「ラケナリア・ヴィリディフロラ」だけと云われている。

クリスタルのような透き通った花を付ける「ラケナリア・ヴィリディフロラ」

 キンカチャは、中国南部・広西省南部のベトナムに近い限られた地方にだけ自生しており、1965年の発見当時は「幻の黄色い椿がある」と大騒ぎになった。当時は、天然記念物に指定され、国外への持ち出しは禁止になるほど貴重な植物だった。持ち出し禁止が解除され、日本に渡来したのは1980年と云われている。鮮やかな黄色(黄金色)の花色と、日本のツバキより花弁が肉厚でポッテリとしており、蝋細工のような美しさも人気の理由となっている。

幻の黄金色の椿と云われる「キンカチャ(金花茶)」

 トロピカルドーム温室の開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(最終入園は午後4時30分)。入園料は大人200円、小・中学生100円。休園日は、月曜日(祝日は開園し、翌日休園)と休日直後の平日、年末年始(12月29日~1月3日)。
小田原フラワーガーデンのHPは、https://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  2.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  3.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  4.  熱海の春の最大イベント「第74回梅まつり」が1月6日、熱海梅園で開幕する。熱海市観光協会の主催。 …
  5.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  6.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…

ページビュー

  • 84120総閲覧数:
  • 116今日の閲覧数:
  • 115昨日の閲覧数:
  • 2406月別閲覧数:
ページ上部へ戻る