【小田原市】関東で一番早い飯泉観音「だるま市」/境内に切火とヨヨヨイ ヨヨヨイ ヨヨヨイヨイ!のかけ声響く

 関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田原市飯泉の飯泉山勝福寺で始まった。18日は午前9時~正午過ぎまで。年の瀬の風物詩「だるま市」は、上杉・武田・北条・今川の戦国武将が競っていた450年ほど前の永禄年間(1558~69)に始まったとも云われている。

多くの参詣者で賑わった飯泉観音

 境内には、相州ダルマをはじめ大小さまざまの“縁起ダルマ”を売るテントがズラリと並び、だるま業者の威勢の良いかけ声が飛び交う中、商売繁盛や交通安全、夫婦円満などを願う家族連れなどが次々と縁起ダルマを買い求めていた。商談が成立すると厄除けの切火の音とともに「ヨヨヨイ ヨヨヨイ ヨヨヨイヨイ」の声があちらこちらで響いた。購入したダルマは、観音堂で目を入れる開眼も行われた。
 アクセスは、小田原駅から新松田・下曽我行きバスで「飯泉」下車、徒歩約10分。酒匂川東側河川敷に臨時駐車場ある。

ダルマを買い求める人たちで賑わった

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  2.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  3.    〈関東の富士見百景〉に選ばれている松田町・西平畑公園の早咲き桜が満開となり、足柄平野の夜…
  4.  2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中で…
  5.  南足柄市の加藤修平市長が、小田原市との合併計画で市民の意向調査結果などをもとに「小田原市との合併は…
  6.  世界的な日本食ブームを背景に日本酒の人気が高まる中、江戸時代の寛政元(1789)年に創業、7代続く…

ページビュー

  • 80245総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1593月別閲覧数:
ページ上部へ戻る