【熱海市】糸川遊歩道で「あたみ桜」開花 銀座バス停の基準木、春告げる

 熱海梅園前の市道に続いて12月17日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の糸川左岸、国道135号線「銀座バス停」横に植えられている基準木もご覧のようなピンクの花を咲かせた。例年、1月初旬~中旬ごろに咲き始めるが、3週間ほど早い。

 同遊歩道では、1月20日(土曜)から「あたみ桜糸川桜まつり」(~2月11日・日祝)が始まる。昨年に続き初日から見頃が期待できるが、市内の観光・飲食関係者は、昨年を上回るスピードに「最終日まで満開を保ってほしいが・・・」と気をもんでいる。

 

 あたみ桜は、紅葉が終わり、葉が落ちた後に花を咲かせる流れだが、昨今の”あたみっ娘”は人も花木もイケイケ! 慣習にはとらわれない。年内は日本一遅い「紅葉と」と日本最速の「桜」が両方楽しめる。
■あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬~2月上旬。河津桜の開花は2月上旬。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…
  2.  お正月を熱海で過ごす観光客で賑わう熱海駅前の平和通り商店街で1月1日、「樽酒ふるまい」のイベントが…
  3.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…
  4.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  5.  関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田…
  6.  2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中で…

ページビュー

  • 102930総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 669月別閲覧数:
ページ上部へ戻る