【熱海市】糸川遊歩道で「あたみ桜」開花 銀座バス停の基準木、春告げる

 熱海梅園前の市道に続いて12月17日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の糸川左岸、国道135号線「銀座バス停」横に植えられている基準木もご覧のようなピンクの花を咲かせた。例年、1月初旬~中旬ごろに咲き始めるが、3週間ほど早い。

 同遊歩道では、1月20日(土曜)から「あたみ桜糸川桜まつり」(~2月11日・日祝)が始まる。昨年に続き初日から見頃が期待できるが、市内の観光・飲食関係者は、昨年を上回るスピードに「最終日まで満開を保ってほしいが・・・」と気をもんでいる。

 

 あたみ桜は、紅葉が終わり、葉が落ちた後に花を咲かせる流れだが、昨今の”あたみっ娘”は人も花木もイケイケ! 慣習にはとらわれない。年内は日本一遅い「紅葉と」と日本最速の「桜」が両方楽しめる。
■あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬~2月上旬。河津桜の開花は2月上旬。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…
  2.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  3.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…
  4.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  5.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は2月13日、一般会計と6特別会計(国民健康保険、訪問看護ステーション、介…

ページビュー

  • 119982総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 448月別閲覧数:
ページ上部へ戻る