【熱海市】今年最後の花火はXmasバージョン!/ 2017年は計35万人の人出

 今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12月17日、熱海湾であり、1万5千人の観衆を魅了した。澄んだ冬空の下、クリスマスをイメージして赤や緑、オレンジ、ブルーを織り交ぜた創作花火やデジタルスターマイン、大空中ナイアガラなど4000発が次々に夜空を彩った。

 熱海湾の花火は「ピース」又吉直樹さんの芥川賞受賞作「火花」で人気に拍車がかかり、今年開催した16回の海上花火はいずれも大盛況。年間に熱海市のおよそ10倍にあたり35万人が夜空を眺めた。とりわけ、独り勝ち状態の熱海駅周辺から市中心部の飲食店に人の流れを呼び込む動線として大きな役割を果たし、花火があらめて再評価されている。2018年は2回増やし、年間18回開催する。次回は1月14日に打ち上げる。
【2017年 熱海海上花火大会の観衆・総計35万人】

3/11(土)=1万4千人
4/15(土)=1万5千人
5/13(土)=1万1千人
6/10(土)=2万2千人

7/23(日)=2万6千人
7/28(金)=2万5千人
8/5(土)=3万6千人
8/8(火)=2万6千人
8/18(金)=3万人
8/20(日)=3万5千人
8/24(木)=3万2千人

9/18(月祝)=1万8千人
10/9(月祝)=1万7千人
11/12(日)=1万5千人

12/10(日)=1万3千人
12/17(日)=1万5千人
【2018年 熱海海上花火大会日程(予定)】
春:
1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
夏:
7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋:
9/17(月・祝)
冬:
 12/9(日)・12/16(日)
 問い合わせは、熱海市観光協会0557-85-2222へ。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は29年度の若年者雇用マッチング支援事業として「求人企業訪問ツアー~見てから決める就活!~…
  2.  第48回衆議院選挙が10月10日公示された。静岡6区では予想されていた3氏が立候補届出を済ませ、1…
  3.  箱根町議会は10月3日、町議会議員選挙後初の臨時議会を開き、正・副議長はじめ各常任委員会などの改選…
  4.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…
  5.    〈関東の富士見百景〉に選ばれている松田町・西平畑公園の早咲き桜が満開となり、足柄平野の夜…
  6.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る