【小田原市】「初日の出」見物車両の事故防止へ/NEXCOが西湘バイパス下りPAと非常駐車帯15カ所を閉鎖

 NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の「初日の出」見物車両による事故を防止するため、西湘バイパスの西湘パーキングエリア(下り)と同下り線の非常駐車帯15カ所を閉鎖する。事故・故障時における非常時の利用は可能。

西湘バイパス・西湘PA(下り)と非常駐車帯15カ所が閉鎖となる

 実施日時は、2017年12月31日午後10時~2018年1月1日午前7時30分まで。
 同PAの閉鎖は、「初日の出」を見るために駐車場が満車となり、流入待ちの車列がバイパス本線まで発生するのを避けるため。
 問い合わせは、NEXCO中日本お客さまセンター(24時間対応、フリーダイヤル:0120-922-229)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  2.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  3.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  4.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  5.  熱海市は12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見を開き、「第1回熱海国際映画祭」の概要を発…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は、地域資源を生かし作られた産品を“金太郎のふるさと南足柄”のイメージアッ…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る