【小田原市】「初日の出」見物車両の事故防止へ/NEXCOが西湘バイパス下りPAと非常駐車帯15カ所を閉鎖

 NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の「初日の出」見物車両による事故を防止するため、西湘バイパスの西湘パーキングエリア(下り)と同下り線の非常駐車帯15カ所を閉鎖する。事故・故障時における非常時の利用は可能。

西湘バイパス・西湘PA(下り)と非常駐車帯15カ所が閉鎖となる

 実施日時は、2017年12月31日午後10時~2018年1月1日午前7時30分まで。
 同PAの閉鎖は、「初日の出」を見るために駐車場が満車となり、流入待ちの車列がバイパス本線まで発生するのを避けるため。
 問い合わせは、NEXCO中日本お客さまセンター(24時間対応、フリーダイヤル:0120-922-229)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  2.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  3.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…
  4.  山北町議会(府川輝夫議長)の12月定例会は5日から、8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る