【小田原市】「初日の出」見物車両の事故防止へ/NEXCOが西湘バイパス下りPAと非常駐車帯15カ所を閉鎖

 NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の「初日の出」見物車両による事故を防止するため、西湘バイパスの西湘パーキングエリア(下り)と同下り線の非常駐車帯15カ所を閉鎖する。事故・故障時における非常時の利用は可能。

西湘バイパス・西湘PA(下り)と非常駐車帯15カ所が閉鎖となる

 実施日時は、2017年12月31日午後10時~2018年1月1日午前7時30分まで。
 同PAの閉鎖は、「初日の出」を見るために駐車場が満車となり、流入待ちの車列がバイパス本線まで発生するのを避けるため。
 問い合わせは、NEXCO中日本お客さまセンター(24時間対応、フリーダイヤル:0120-922-229)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  2.  真鶴町(宇賀一章町長)は11月11・12日の両日、真鶴港を舞台に、古(いにしえ)より海とともに生き…
  3.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…
  4.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  5.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  6.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…

ページビュー

  • 77792総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る