【熱海市】紅梅と白梅の枝切り、天皇陛下の誕生日に献上/熱海梅園

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」で知られる熱海梅園であった。熱海市観光推進室の池田佳世さん(24)が紅梅の「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅の「冬至梅(とうじばい)」の2種類計20本を丁寧に切り取った。開花間近のこれらの梅の枝は、市庁舎の暖めた室内でつぼみを膨らませたあと、21日に小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長が宮内庁へ届ける。


 熱海市では、今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年続けており、今年で49回目。この梅は紅白一対の束にして英国大使館や韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。


 園内では、両梅に続いて「冬至梅」「八重寒紅」「八重野梅」「紅冬至」「増井緋梅」が咲きだしている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  ケーブルテレビ局「伊豆急ケーブルネットワーク」(IKC、本社熱海市)はこのほど、東京のチャンネル(…
  2.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  3.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…
  4. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  5.  湯河原町(冨田幸宏町長)は2月7日、一般会計と3特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢…
  6.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る