【熱海市】紅梅と白梅の枝切り、天皇陛下の誕生日に献上/熱海梅園

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」で知られる熱海梅園であった。熱海市観光推進室の池田佳世さん(24)が紅梅の「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅の「冬至梅(とうじばい)」の2種類計20本を丁寧に切り取った。開花間近のこれらの梅の枝は、市庁舎の暖めた室内でつぼみを膨らませたあと、21日に小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長が宮内庁へ届ける。


 熱海市では、今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年続けており、今年で49回目。この梅は紅白一対の束にして英国大使館や韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。


 園内では、両梅に続いて「冬至梅」「八重寒紅」「八重野梅」「紅冬至」「増井緋梅」が咲きだしている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
  2.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  3.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  4.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  5. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…
  6.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…

ページビュー

  • 103134総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 873月別閲覧数:
ページ上部へ戻る