【熱海市】紅梅と白梅の枝切り、天皇陛下の誕生日に献上/熱海梅園

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」で知られる熱海梅園であった。熱海市観光推進室の池田佳世さん(24)が紅梅の「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅の「冬至梅(とうじばい)」の2種類計20本を丁寧に切り取った。開花間近のこれらの梅の枝は、市庁舎の暖めた室内でつぼみを膨らませたあと、21日に小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長が宮内庁へ届ける。


 熱海市では、今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年続けており、今年で49回目。この梅は紅白一対の束にして英国大使館や韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。


 園内では、両梅に続いて「冬至梅」「八重寒紅」「八重野梅」「紅冬至」「増井緋梅」が咲きだしている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  松田町(本山博幸町長)は2月19日、一般会計、7特別会計(国民健康保険、国民健康保険診療所、寄簡易…
  2.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  3.  小田原市は11月13日付けで、複数回にわたって飲食店で接客などの副業を行い、また、同病院の医療消耗…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  6.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…

ページビュー

  • 77792総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1266月別閲覧数:
ページ上部へ戻る