【熱海市】紅梅と白梅の枝切り、天皇陛下の誕生日に献上/熱海梅園

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲く梅」で知られる熱海梅園であった。熱海市観光推進室の池田佳世さん(24)が紅梅の「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅の「冬至梅(とうじばい)」の2種類計20本を丁寧に切り取った。開花間近のこれらの梅の枝は、市庁舎の暖めた室内でつぼみを膨らませたあと、21日に小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長が宮内庁へ届ける。


 熱海市では、今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年続けており、今年で49回目。この梅は紅白一対の束にして英国大使館や韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。


 園内では、両梅に続いて「冬至梅」「八重寒紅」「八重野梅」「紅冬至」「増井緋梅」が咲きだしている。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  2.  伊東市内の小学生たちが、模擬的な会社をつくり、商品の企画から販売までを行う起業体験「伊東こどもビジ…
  3.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  4.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  5.  松田町(本山博幸町長)は2月19日、一般会計、7特別会計(国民健康保険、国民健康保険診療所、寄簡易…
  6.  文化審議会(馬淵明子会長)は1月19日に開いた同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、箱根町(山口…

ページビュー

  • 115080総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1505月別閲覧数:
ページ上部へ戻る