【松田町長選】本山博幸氏が千余票差つけ再選/投票率は過去最低の60.04%

 現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、無所属)が3,421票を獲得、新人で健康支援会社社長の高橋為生氏(63、無所属)に1,076票の差をつけ、再選を果たした。

当選 本山博幸 3,421票
   高橋為生 2,345票

当確後、事務所に集まった支持者を前にバンザイする本山博幸町長

2期目の決意を語る本山町長

 本山氏は、支持者とともに万歳で喜びをあらわした後、「皆さんに4年間育てて頂いた恩を次の4年でしっかりと形にするため、今まで以上にパワーアップしていきたい。安心安全や福祉の充実、雇用の創出、人を育てることなど当たり前のことをしっかりとやり、幸福度を上げていく町政にしていきたい」と2期目への決意を新たにした。
 選挙戦は、後援会組織の結束を図り4年間の実績をアピールする本山陣営に対し、告示2週間前に出馬を表明し、準備不足のまま「五日戦争」に突入した高橋陣営。戦いは、そのまま結果にあらわれた。
 投票率は、告示直前まで無投票かと思われていたこともあり、過去最低だった前回選の66.47%を6.43ポイント下回り、辛うじて60%台を維持する60.04%だった。

関連記事

注目の記事

  1.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  2.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  3.  静岡地裁沼津支部は、熱海市渚町の熱海交通自動車から出されていた自己破産申請を受理し、11月30日ま…
  4.  茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほ…
  5.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  6.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…

ページビュー

  • 80468総閲覧数:
  • 54今日の閲覧数:
  • 98昨日の閲覧数:
  • 1816月別閲覧数:
ページ上部へ戻る