【松田町長選】本山博幸氏が千余票差つけ再選/投票率は過去最低の60.04%

 現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、無所属)が3,421票を獲得、新人で健康支援会社社長の高橋為生氏(63、無所属)に1,076票の差をつけ、再選を果たした。

当選 本山博幸 3,421票
   高橋為生 2,345票

当確後、事務所に集まった支持者を前にバンザイする本山博幸町長

2期目の決意を語る本山町長

 本山氏は、支持者とともに万歳で喜びをあらわした後、「皆さんに4年間育てて頂いた恩を次の4年でしっかりと形にするため、今まで以上にパワーアップしていきたい。安心安全や福祉の充実、雇用の創出、人を育てることなど当たり前のことをしっかりとやり、幸福度を上げていく町政にしていきたい」と2期目への決意を新たにした。
 選挙戦は、後援会組織の結束を図り4年間の実績をアピールする本山陣営に対し、告示2週間前に出馬を表明し、準備不足のまま「五日戦争」に突入した高橋陣営。戦いは、そのまま結果にあらわれた。
 投票率は、告示直前まで無投票かと思われていたこともあり、過去最低だった前回選の66.47%を6.43ポイント下回り、辛うじて60%台を維持する60.04%だった。

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市議会11月定例会の議会運営委員会が12月1日、市役所で開かれ、議会側が齊藤栄市長の議会軽視の…
  2.  箱根町消防署(関田和明署長)は11月2日、神奈川県下消防相互応援協定に基づき、横浜消防局航空隊の協…
  3.  南足柄市(加藤修平市長)は平成30年1月5日午前10時から、南足柄市表彰条例に基づき、市民の模範と…
  4.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復駅伝競走」の往路優勝校に贈られる「寄木トロフィーとメダル」が1…
  5.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  6.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…

ページビュー

  • 91626総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1233月別閲覧数:
ページ上部へ戻る