【伊東市】駅前イルミネーション、伊東の玄関口を華やかに彩る

 伊東市のJR伊東駅前ロータリー広場で12月19日、華やかなイルミネーションが始まった。
 これは、「グランイルミ」の伊豆シャボテン動物公園と伊東市のコラボレーションによるもの。常緑のソテツや植え込みのツツジに三色の電飾が施されたほか、駅前のシンボルツリーとなっている「めおとヤシ」もライトアップされた。全六千球の電飾は伊東らしいトロピカルな雰囲気を醸し出している。

 点灯式で小野達也市長は「伊東の玄関口をにぎやかに」と話し、いつもと異なる表情を見せた伊東駅前に、寒さの中も満足そうであった。駅前の点灯が見られるのは4月1日まで。

点灯式でイルミネーションのスイッチを入れる小野市長

 なお、伊東ではこの伊東駅前の点灯のほか、22日から限定4日間のシャイニークリスマス2017(松川・藤の広場)、伊豆ぐらんぱる公園の「グランイルミ」と、冬のイルミネーションをあわせて楽しむことが出来る。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は12月15日から、海と山に囲まれた城下町・小田原の観光行事や美しい…
  2.  熱海市咲見町の山田屋水産(福島瞳社長)が製造販売する熱海ブランド商品「しいたけ坊ちゃん丸」が全国的…
  3.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  4.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…

ページビュー

  • 89642総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1764月別閲覧数:
ページ上部へ戻る