【湯河原町・真鶴町】妊婦に朗報!「マタニティ・サポート119」事業/来年1月4日から登録受付開始!

 湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を軽くする専用救急車で搬送する「マタニティ・サポート119」事業を利用するための事前登録を受け付ける。

来年4月1日に運行を開始する専用救急車「マタニティ・サポート119」(完成イメージ図)

 「マタニティ・サポート119」の運行開始は平成30年4月1日。同事業では、事前に住所・氏名・出産予定日・出産予定病院などを登録しておくことで、専用救急車が迅速に駆けつけることができる。利用は無料。
 登録は、湯河原町が保健センター、真鶴町が健康福祉課の窓口で受け付ける。搬送業務は、湯河原町消防署が担当する。
 対象は、出産予定日が4月1日以降で、次の①~③に該当する人。①湯河原町、真鶴町で妊娠届出をした人。②湯河原町、真鶴町へ転入して、妊婦健康審査費用補助券を交付された人。③湯河原町、真鶴町で里帰り出産をする人。※里帰り出産で町外(真鶴町を除く)へ行く人は対象外。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原出身の俳人・藤田湘子(1926~2005)の足跡を顕彰し、小田原の俳句文化への理解を深め、誰…
  2.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  3.   小田急グループの箱根ロープウェイ(鞠子篤也社長、本社・小田原市)は2月8日から、バレンタインデー…
  4.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  5.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《お山のひなまつり/大…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…

ページビュー

  • 99424総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 1183月別閲覧数:
ページ上部へ戻る