【湯河原町・真鶴町】妊婦に朗報!「マタニティ・サポート119」事業/来年1月4日から登録受付開始!

 湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を軽くする専用救急車で搬送する「マタニティ・サポート119」事業を利用するための事前登録を受け付ける。

来年4月1日に運行を開始する専用救急車「マタニティ・サポート119」(完成イメージ図)

 「マタニティ・サポート119」の運行開始は平成30年4月1日。同事業では、事前に住所・氏名・出産予定日・出産予定病院などを登録しておくことで、専用救急車が迅速に駆けつけることができる。利用は無料。
 登録は、湯河原町が保健センター、真鶴町が健康福祉課の窓口で受け付ける。搬送業務は、湯河原町消防署が担当する。
 対象は、出産予定日が4月1日以降で、次の①~③に該当する人。①湯河原町、真鶴町で妊娠届出をした人。②湯河原町、真鶴町へ転入して、妊婦健康審査費用補助券を交付された人。③湯河原町、真鶴町で里帰り出産をする人。※里帰り出産で町外(真鶴町を除く)へ行く人は対象外。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  2.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  3.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  4.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  5.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  6.  心と体の健康づくりと自然や歴史・文化・人情とふれあう「第6回金太郎ウォーク~“福”がつくお寺巡り+…

ページビュー

  • 86485総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1040月別閲覧数:
ページ上部へ戻る