【熱海市】紅白の梅、宮内庁へ持参/天皇誕生日のお祝い

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月21日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。

 熱海市は今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年献上を続けており、今年で49回目。この梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。
 市長は「毎年、天皇誕生日に献上させていただいている。皇后陛下もことのほか楽しみにしておられ、自ら活けられるそうです。無事、お届けして下さい」と送りだした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《雛の舘・森のひなまつ…
  2.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  3.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  4.  熱海市役所第3庁舎で10月18日、市制80周年記念「熱海ブランドフェア」(熱海商工会議所主催)が開…
  5.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  6.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…

ページビュー

  • 101122総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 946月別閲覧数:
ページ上部へ戻る