【熱海市】紅白の梅、宮内庁へ持参/天皇誕生日のお祝い

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月21日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。

 熱海市は今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年献上を続けており、今年で49回目。この梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。
 市長は「毎年、天皇誕生日に献上させていただいている。皇后陛下もことのほか楽しみにしておられ、自ら活けられるそうです。無事、お届けして下さい」と送りだした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  日本酒の造り酒屋が、スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものを軒先に吊し、新酒が出来たことを知ら…
  2.  箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月3…
  3.  伊豆高原のCafé Beにて「地域内交通を考える」という勉強会が2月16日に開かれ、この分野の権威…
  4.  熱海市役所第3庁舎で10月18日、市制80周年記念「熱海ブランドフェア」(熱海商工会議所主催)が開…
  5.  氏政、氏照、氏邦の「北条三兄弟」の絆で姉妹都市盟約を結んでいる小田原市(加藤憲一市長)、東京都八王…
  6.  熱海市咲見町の山田屋水産(福島瞳社長)が製造販売する熱海ブランド商品「しいたけ坊ちゃん丸」が全国的…

ページビュー

  • 89949総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
  • 2071月別閲覧数:
ページ上部へ戻る