【熱海市】紅白の梅、宮内庁へ持参/天皇誕生日のお祝い

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月21日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。

 熱海市は今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年献上を続けており、今年で49回目。この梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。
 市長は「毎年、天皇誕生日に献上させていただいている。皇后陛下もことのほか楽しみにしておられ、自ら活けられるそうです。無事、お届けして下さい」と送りだした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  大井町議会(小田眞一議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…
  2.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《まつだ桜まつり・雛の…
  3.  小泉進次郎旋風から一夜明けた10月16日、希望の党の前職・渡辺周氏が公示日に続いて2回目の熱海入り…
  4.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  5.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  6.    〈関東の富士見百景〉に選ばれている松田町・西平畑公園の早咲き桜が満開となり、足柄平野の夜…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る