【熱海市】紅白の梅、宮内庁へ持参/天皇誕生日のお祝い

 天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月21日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が小林容子観光推進室長と芹澤元一秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。

 熱海市は今年で84歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年献上を続けており、今年で49回目。この梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。別便でNHK静岡にも送付する。
 市長は「毎年、天皇誕生日に献上させていただいている。皇后陛下もことのほか楽しみにしておられ、自ら活けられるそうです。無事、お届けして下さい」と送りだした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  2.  ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化…
  3.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  4.  小田原、箱根、真鶴、湯河原、南足柄の2市3町で構成される箱根ジオパーク推進協議会(会長・山口昇士箱…
  5.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  6.  神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る