【熱海市】豪華寝台列車「トランスイート四季島」、大晦日に熱海駅へ停泊

 JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月31日~1月1日の1泊2日)で運行し、初めて熱海駅に停車する。同コースは12月31午前9時50分ごろに上野駅を出発し、熱海市や横須賀市を周遊。車内で宿泊した後、千葉県を経由し、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)で初詣をする。

 熱海駅には31日午後1時半頃に2番ホームに停車。齊藤栄市長をはじめ、市観光協会関係者が歓迎する。乗客はこの後、MOA美術館を見学し、午後5時頃に熱海駅を出発し、横須賀駅へ向かう。

 1人当たり料金は45万円から。最高客室「四季島スイート」は65万円。定員は34人で2月から募集を始めたが、予約倍率は10.3倍に達した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  任期満了に伴う真鶴町議選は9月19日告示され、11の椅子をめぐって現職10・新人3の計13人が出馬…
  2.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  3.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  4.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  5.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  6.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…

ページビュー

  • 99427総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 1186月別閲覧数:
ページ上部へ戻る