【熱海市】豪華寝台列車「トランスイート四季島」、大晦日に熱海駅へ停泊

 JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月31日~1月1日の1泊2日)で運行し、初めて熱海駅に停車する。同コースは12月31午前9時50分ごろに上野駅を出発し、熱海市や横須賀市を周遊。車内で宿泊した後、千葉県を経由し、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)で初詣をする。

 熱海駅には31日午後1時半頃に2番ホームに停車。齊藤栄市長をはじめ、市観光協会関係者が歓迎する。乗客はこの後、MOA美術館を見学し、午後5時頃に熱海駅を出発し、横須賀駅へ向かう。

 1人当たり料金は45万円から。最高客室「四季島スイート」は65万円。定員は34人で2月から募集を始めたが、予約倍率は10.3倍に達した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。  …
  2.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  3.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  4.  本格的な冬将軍の到来を前に、小田原厚木道路と西湘バイパスを管轄する中日本高速道路(株)東京支社小田…
  5.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  6.  大井町議会(小田眞一議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上…

ページビュー

  • 74069総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 975月別閲覧数:
ページ上部へ戻る