【熱海市】豪華寝台列車「トランスイート四季島」、大晦日に熱海駅へ停泊

 JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月31日~1月1日の1泊2日)で運行し、初めて熱海駅に停車する。同コースは12月31午前9時50分ごろに上野駅を出発し、熱海市や横須賀市を周遊。車内で宿泊した後、千葉県を経由し、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)で初詣をする。

 熱海駅には31日午後1時半頃に2番ホームに停車。齊藤栄市長をはじめ、市観光協会関係者が歓迎する。乗客はこの後、MOA美術館を見学し、午後5時頃に熱海駅を出発し、横須賀駅へ向かう。

 1人当たり料金は45万円から。最高客室「四季島スイート」は65万円。定員は34人で2月から募集を始めたが、予約倍率は10.3倍に達した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  2.  (公社)神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の高杉尚男支部長ら4人はこのほど、小田原市役所に加藤憲…
  3.  4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たち…
  4.  JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月3…
  5.  「地域の絆を、みんなで」を掲げる小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は平成30年1月9日から、地域…
  6.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…

ページビュー

  • 115077総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1502月別閲覧数:
ページ上部へ戻る