【熱海市】豪華寝台列車「トランスイート四季島」、大晦日に熱海駅へ停泊

 JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月31日~1月1日の1泊2日)で運行し、初めて熱海駅に停車する。同コースは12月31午前9時50分ごろに上野駅を出発し、熱海市や横須賀市を周遊。車内で宿泊した後、千葉県を経由し、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)で初詣をする。

 熱海駅には31日午後1時半頃に2番ホームに停車。齊藤栄市長をはじめ、市観光協会関係者が歓迎する。乗客はこの後、MOA美術館を見学し、午後5時頃に熱海駅を出発し、横須賀駅へ向かう。

 1人当たり料金は45万円から。最高客室「四季島スイート」は65万円。定員は34人で2月から募集を始めたが、予約倍率は10.3倍に達した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  2.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  3.  任期満了に伴う真鶴町議選は9月19日告示され、11の椅子をめぐって現職10・新人3の計13人が出馬…
  4.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…
  5.  小田原市は29年度の若年者雇用マッチング支援事業として「求人企業訪問ツアー~見てから決める就活!~…
  6.  神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審…

ページビュー

  • 102915総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 654月別閲覧数:
ページ上部へ戻る