【松田町】出来たよ!しぼりたての酒「松美酉」/“酒林”提げた老舗造り酒屋・中澤酒造

江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月23日、新米新酒「しぼりたてのお酒・松美酉(まつみどり)」の誕生を知らせる門飾り・酒林(さかばやし)を軒下に提げた。

酒林を提げて心新たにした鍵和田社長(中)と酒林をつくった有川さん(左)と井山さん

 酒林は、直径約60cm、重さ約30kg。鍵和田さんの友人・有川格さん(70、秦野市)が平成16年から毎年、ボランティアで作成、今年で14年目となった。昨年から、大井町の井山雅史さんが協力。有川さんらは、真竹を長さ約120cm、幅1cmほどに切り揃えて編んだ直径約40cmの竹篭の中に長さ24cmに切ったスギの葉をギッシリと挿し込んだ後、丁寧に刈り込み・形を整えるなど、1か月ほどで蒼々とした酒林に仕上げた。

「しぼりたてのお酒・松美酉」など新酒がズラリと並ぶ

 この日は、〈新米新酒・本醸造本生酒〉の販売初日とあって、予約をしていた人たちが次々と訪れ、新米新酒・松美酉を買い求めていた。鍵和田さんは「今年の新酒は、穏やかでスッキリした味わいが楽しめる。季節の肴とともに至福のひとときを過ごして欲しい」と話している。70代の男性は「毎年、初日に買いに来るのが楽しみ。正月は日本酒・松美酉に限る」と笑顔を見せていた。

搾りたて新酒を買い求める人たちで賑わった

 「本醸造本生酒」は、年内に一升瓶(1800ミリリットル)で3000本、四合瓶(720ミリリットル)で4500本を販売するという。また、松美酉の酉(とり)と干支の酉にちなんで昨年末に販売し、人気を博した新春特別限定酒は、今年「松美酉2018戌年~純米吟醸本生酒」として12月30日から限定販売される。
 中澤酒造のHPは、http://www.matsumidori.jp
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  2.  3月10日、伊東観光会館大ホールにて、「伊豆のODORIKOフェスティバル・プレビュー公演」(主催…
  3.  親から子へと伝えられた内裏雛や哀しい時・嬉しい時・楽しい時を共に過ごし、数々の思い出が詰まった人形…
  4.  茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほ…
  5.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  6.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…

ページビュー

  • 93877総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数:
  • 1461月別閲覧数:
ページ上部へ戻る