【真鶴町】 おいでよ!三ツ石へ/ドラマチックな「初日の出」

 沖合にある注連縄(しめなわ)を張った2つの岩の間から、太陽が昇るドラマチックな「初日の出」が楽しめる神奈川県真鶴町の三ツ石番場浦海岸。日の出の時刻は、午前6時51分。

ダイナミックな「初日の出」が楽しめる真鶴町三ツ石番場浦海岸

 2つの岩を結ぶ注連縄が張られたのは、昭和7(1932)年8月、神奈川県を通じて内務省にだされた「真鶴案内板」に記されている。
 『三ツ石は真鶴岬より突出する七丁(700メートル)、天下の絶勝三ツ石は…(中略)、坪内逍遙先生、先年三ツ石の厳相を賞して〈初日の出なぜ三ツ石に注連縄はらぬ〉の句を作りて、〈三ツ石に注連縄はらしむ)』とあり、昭和初期に注連縄が張られたと考えられている。
 現在の注連縄は、昭和52(1977)年10月16日から12月20日まで35日間かけて、直径13センチの鉄製のワイヤーロープを37メートルある2つの岩に結びつけたもの。
【無料休憩所と足湯を開放/朝5時から営業!「ケーブ真鶴」】
 真鶴半島の先端にあり180度のオーシャンビューが楽しめる「ケープ真鶴」は、元旦朝5時から営業を開始、無料休憩所と足湯を開放する。

三ツ石をデザインした手づくり開運招福祈願絵馬

 同真鶴では、おしるこ、炊き込みご飯、かに汁、おでんなど温かいものや三ツ石をデザインし、貴船神社で祈祷した手づくり開運招福祈願絵馬(300円)などを販売する。絵馬は、ケープ真鶴のシンボルツリー・松の木に注連縄で結んで貰い、後日、貴船神社に納める。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  里都(さと)まち♥なかいの魅力をギッシリ!詰め込んだ、中井町のビッグイベント「美・緑(みりょく)な…
  2.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  3.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  4.  全国で44番目の森林セラピー基地「森林(もり)のおもてなし やまきた」に認定された山北町森林セラピ…
  5.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  6.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…

ページビュー

  • 89896総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 64昨日の閲覧数:
  • 2018月別閲覧数:
ページ上部へ戻る