【箱根町】羽根つき・コマ回し・七草がゆ…/箱根町立郷土資料館で「お正月を楽しむ会」(1月4日)

 箱根町湯本の箱根町立郷土資料館(鈴木康弘館長)では平成30年1月4日午前9時30分から、同資料館前で「お正月を楽しむ会」を開く。午後1時ごろまで。参加は無料。当日は、郷土資料館の入館が無料になる。

カルタ、羽根つき、コマ回しなど「お正月遊び」が体験できる

 楽しむ会では、芦ノ湖に映る逆さ富士や大涌谷、大名行列など箱根の名所や行事を詠んだカルタ、コマ回し、羽根つき、けん玉など古くから伝わる《正月遊び》が体験できる。
 また、箱根町女性会連絡協議会(勝俣賀壽代会長)では午前11時30分頃から、直径約45センチの大釜や給食用の大鍋などを使って、会員が自慢の腕を振るった「七草がゆ」を振る舞う。先着約200食。箱根町の七草がゆは、餅が入るのが特長。
 箱根町立郷土資料館のHPは、https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/6,420,14,99,html
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…
  2.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…
  3.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は2018年2月2日午後7時30分から、芦…
  4.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  5.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…
  6.  開成町(府川裕一町長)は22日、一般会計、5特別会計(国民健康保険、下水道、介護保険、給食、後期高…

ページビュー

  • 72501総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1418月別閲覧数:
ページ上部へ戻る