【箱根町】羽根つき・コマ回し・七草がゆ…/箱根町立郷土資料館で「お正月を楽しむ会」(1月4日)

 箱根町湯本の箱根町立郷土資料館(鈴木康弘館長)では平成30年1月4日午前9時30分から、同資料館前で「お正月を楽しむ会」を開く。午後1時ごろまで。参加は無料。当日は、郷土資料館の入館が無料になる。

カルタ、羽根つき、コマ回しなど「お正月遊び」が体験できる

 楽しむ会では、芦ノ湖に映る逆さ富士や大涌谷、大名行列など箱根の名所や行事を詠んだカルタ、コマ回し、羽根つき、けん玉など古くから伝わる《正月遊び》が体験できる。
 また、箱根町女性会連絡協議会(勝俣賀壽代会長)では午前11時30分頃から、直径約45センチの大釜や給食用の大鍋などを使って、会員が自慢の腕を振るった「七草がゆ」を振る舞う。先着約200食。箱根町の七草がゆは、餅が入るのが特長。
 箱根町立郷土資料館のHPは、https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/6,420,14,99,html
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1. 江戸時代の文政8(1825)年創業の老舗造り酒屋・中澤酒造(10代目・鍵和田茂社長、松田町)は12月…
  2.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  3.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  4.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…
  5. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  6.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …

ページビュー

  • 102911総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 650月別閲覧数:
ページ上部へ戻る