【小田原市・広域】品川宿から小田原宿「東海道宿場展」/小田原宿なりわい交流館で開催中

 江戸時代に整備された五街道の一つ「東海道五十三次」。道中には、風光明媚な場所や名所旧跡が多く、浮世絵や和歌・俳句の題材にも多く取り上げられている。

小田原の典型的な商屋を再整備した「小田原宿なりわい交流館」

 江戸時代、95軒の旅籠があり、箱根越えの宿場町として賑わった小田原宿のなりわい交流館(小田原市本町)では、神奈川・東京エリアの宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」を開いている。入館無料。平成30年1月3日まで(12月31日は閉館)。時間は午前10時~午後5時(最終日は午後3時)。

6宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」

 会場の「なりわい交流館」は、小田原の典型的な商屋の「出桁造り」という建築方法が用いられ、2階正面の出格子窓は、昔の旅籠の雰囲気を醸し出している。

「出格子窓」が昔の旅籠の雰囲気を醸し出す

 同展では、神社仏閣めぐりとグルメのまち歩きが楽しめる品川宿を皮切りに、幾多の火災や震災・戦災で失われた記憶と記録を浮世絵タペストリーストリーなどで掘り起こす川崎宿、大山詣や江ノ島詣の交通の要衝として賑わった藤沢宿、50軒以上の旅籠が軒を連ねた平塚宿と大磯宿、そして箱根越えの宿場町として栄えた小田原宿など6宿場の歴史と文化をパネルやチラシ、地場産品などで紹介している。
 小田原宿なりわい交流館のHPは、http://www.nariwai-kouryukan.org/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月3…
  2.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…
  3.  1月29日、インバウンドおもてなしのための英会話勉強会が、青木敬博さんの呼びかけのもと有志の集まり…
  4.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…
  5.  熱海市が昨年3月に完成させた「さくらの名所散策路」でこのほど、あたみ桜が見頃を迎えた。県立熱海高校…
  6.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…

ページビュー

  • 91626総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1233月別閲覧数:
ページ上部へ戻る