【小田原市・広域】品川宿から小田原宿「東海道宿場展」/小田原宿なりわい交流館で開催中

 江戸時代に整備された五街道の一つ「東海道五十三次」。道中には、風光明媚な場所や名所旧跡が多く、浮世絵や和歌・俳句の題材にも多く取り上げられている。

小田原の典型的な商屋を再整備した「小田原宿なりわい交流館」

 江戸時代、95軒の旅籠があり、箱根越えの宿場町として賑わった小田原宿のなりわい交流館(小田原市本町)では、神奈川・東京エリアの宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」を開いている。入館無料。平成30年1月3日まで(12月31日は閉館)。時間は午前10時~午後5時(最終日は午後3時)。

6宿場の歴史や文化を紹介する初のイベント「東海道宿場展」

 会場の「なりわい交流館」は、小田原の典型的な商屋の「出桁造り」という建築方法が用いられ、2階正面の出格子窓は、昔の旅籠の雰囲気を醸し出している。

「出格子窓」が昔の旅籠の雰囲気を醸し出す

 同展では、神社仏閣めぐりとグルメのまち歩きが楽しめる品川宿を皮切りに、幾多の火災や震災・戦災で失われた記憶と記録を浮世絵タペストリーストリーなどで掘り起こす川崎宿、大山詣や江ノ島詣の交通の要衝として賑わった藤沢宿、50軒以上の旅籠が軒を連ねた平塚宿と大磯宿、そして箱根越えの宿場町として栄えた小田原宿など6宿場の歴史と文化をパネルやチラシ、地場産品などで紹介している。
 小田原宿なりわい交流館のHPは、http://www.nariwai-kouryukan.org/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  湯河原町(冨田幸宏町長)は2月7日、一般会計と3特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢…
  2.  中井町(杉山祐一町長)は12月9日から、マンホールの蓋(ふた)に町の花(リンドウ)、町の木(キンモ…
  3.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…
  4.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  5.  ♪おおいのO(オー)おおいのO(オー)おおいのO(オー)だよ すいっぴー ぼくの名前は すいっぴー…
  6.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…

ページビュー

  • 102894総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:
  • 633月別閲覧数:
ページ上部へ戻る