【熱海市】寒空の下、春を告げるロウバイが甘い香り/熱海梅園

 クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のように光沢がある黄色い花を咲かせている。
 近くに行くとほのかな甘い香りが楽しめ、来園者に愛されている。寒空の下で健気に咲く春を告げる花として知られ、中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれている。

 江戸時代初期に日本へ渡来し、生け花や茶花、庭木として利用されてきた。新年1月9日に開幕する梅まつりへ向け、花たちの準備も急ピッチだ。
 ■咲いている場所:園内の漸佳(ざんか)橋付近や中央広場など。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  2.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…
  3.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …
  4.  任期満了に伴う真鶴町議選は9月19日告示され、11の椅子をめぐって現職10・新人3の計13人が出馬…
  5.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  6.  戦国時代、五代100年にわたって関東に覇を唱えた小田原北条氏の拠点・小田原城にスポットを当てたオリ…

ページビュー

  • 77794総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 1268月別閲覧数:
ページ上部へ戻る