【熱海市】寒空の下、春を告げるロウバイが甘い香り/熱海梅園

 クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のように光沢がある黄色い花を咲かせている。
 近くに行くとほのかな甘い香りが楽しめ、来園者に愛されている。寒空の下で健気に咲く春を告げる花として知られ、中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれている。

 江戸時代初期に日本へ渡来し、生け花や茶花、庭木として利用されてきた。新年1月9日に開幕する梅まつりへ向け、花たちの準備も急ピッチだ。
 ■咲いている場所:園内の漸佳(ざんか)橋付近や中央広場など。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東市で1月27日、28日の両日に「第24回伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催された。伊東オレンジビー…
  2.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  3.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  4. 中村和子さん(なかむら・かずこ):小田原市栄町、株式会社ナック中村屋相談役。同社小西育子社長の御母堂…
  5.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  6.  小田原市城山の小田原短期大学(おだたん、小沼肇学長)食物栄養学科は、3月3日に実施する「第20回お…

ページビュー

  • 122379総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 821月別閲覧数:
ページ上部へ戻る