【熱海市】寒空の下、春を告げるロウバイが甘い香り/熱海梅園

 クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のように光沢がある黄色い花を咲かせている。
 近くに行くとほのかな甘い香りが楽しめ、来園者に愛されている。寒空の下で健気に咲く春を告げる花として知られ、中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれている。

 江戸時代初期に日本へ渡来し、生け花や茶花、庭木として利用されてきた。新年1月9日に開幕する梅まつりへ向け、花たちの準備も急ピッチだ。
 ■咲いている場所:園内の漸佳(ざんか)橋付近や中央広場など。
(熱海ネット新聞)

関連記事

注目の記事

  1.  湯河原町は1月2日、「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の往路ゴール地点の芦ノ湖畔で…
  2.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  3.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  4.  小田急グループの箱根観光船(國廣誠社長、本社・小田原市)は2018年2月2日午後7時30分から、芦…
  5.  松田町議会(中野博議長)の12月定例会は、5日から8日までの会期4日間の日程で開かれる。  上程…
  6.  中井町(杉山祐一町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療事…

ページビュー

  • 104920総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1272月別閲覧数:
ページ上部へ戻る