【山北町】参加者を募集!「文化財講座」/来年1月13日から3回シリーズ

 山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見する「文化財講座」を開く。定員40人(先着順)。受講料は無料。
講座は、町教育委員会が町内の小学校5・6年生を対象に作成した副読本『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』(A4判、カラー、32ページ)をテキストに、考古学、武士、近現代史などについて学ぶ。

講座のテキストとなる『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』

 希望者は、山北町生涯学習課窓口および同課スポーツ班へ電話(0465-75-3649)で申し込む。受講者には、『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』を配布。全3回受講者には、修了証書を授与する。
 日時・講師・内容などは次の通り。場所は、いずれも山北町立生涯学習センター2階第1・2会議室。
【第1回:1月13日、午前9時30分~同11時30分】
 ▽講師:安藤文一氏(山北町文化財保護委員会副委員長)▽内容:山北の考古学(町内の縄文・弥生・古墳時代について、遺跡の発掘調査成果などから当時の様子を学ぶ)。
【第2回:1月21日、午前9時30分~同11時30分】
 ▽講師:茂木哲夫氏(山北町文化財保護委員会委員長)▽内容:山北町の武士(河村氏と河村城、江戸時代の関所や富士宝永噴火など武士の生きた時代について学ぶ)。
【第3回:2月3日、午後2時~同4時】
 ▽講師:星野和子氏(山北町文化財保護委員会委員)▽内容:山北町の近現代(鉄道の町として栄えた頃や関東大震災、戦争での被害など明治・大正・昭和の町の歴史を学ぶ)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  弾道ミサイルが日本に落下または上空を通過する場合、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が発動され…
  2.  現職と新人の一騎打ちとなった松田町長選挙は9月10日に投開票され、2期目を目指す本山博幸氏(47、…
  3.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  4.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  5.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  6.  今年、創立40周年を迎える「松田町少年野球育成会・松田キャッスルズ」は2月10日午前10時から、松…

ページビュー

  • 77992総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1466月別閲覧数:
ページ上部へ戻る