【山北町】参加者を募集!「文化財講座」/来年1月13日から3回シリーズ

 山北町(湯川裕司町長)は来年1月13日から、3回シリーズで町の歴史や文化財など山北の魅力を再発見する「文化財講座」を開く。定員40人(先着順)。受講料は無料。
講座は、町教育委員会が町内の小学校5・6年生を対象に作成した副読本『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』(A4判、カラー、32ページ)をテキストに、考古学、武士、近現代史などについて学ぶ。

講座のテキストとなる『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』

 希望者は、山北町生涯学習課窓口および同課スポーツ班へ電話(0465-75-3649)で申し込む。受講者には、『歴史・文化から学ぶ わたしたちの山北』を配布。全3回受講者には、修了証書を授与する。
 日時・講師・内容などは次の通り。場所は、いずれも山北町立生涯学習センター2階第1・2会議室。
【第1回:1月13日、午前9時30分~同11時30分】
 ▽講師:安藤文一氏(山北町文化財保護委員会副委員長)▽内容:山北の考古学(町内の縄文・弥生・古墳時代について、遺跡の発掘調査成果などから当時の様子を学ぶ)。
【第2回:1月21日、午前9時30分~同11時30分】
 ▽講師:茂木哲夫氏(山北町文化財保護委員会委員長)▽内容:山北町の武士(河村氏と河村城、江戸時代の関所や富士宝永噴火など武士の生きた時代について学ぶ)。
【第3回:2月3日、午後2時~同4時】
 ▽講師:星野和子氏(山北町文化財保護委員会委員)▽内容:山北町の近現代(鉄道の町として栄えた頃や関東大震災、戦争での被害など明治・大正・昭和の町の歴史を学ぶ)。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  2.  南足柄市の加藤修平市長は「市議会第1回定例会」4日目の2月19日、施政方針演説を行った。  加藤…
  3.  南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖…
  4.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…
  5.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…
  6.  城下町・小田原の秋の風物詩として親しまれている「第67回小田原城菊花展」が、観光客らで賑わう小田原…

ページビュー

  • 91629総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1236月別閲覧数:
ページ上部へ戻る