【箱根町】江戸の面影残る〈門松〉と〈玄関飾り〉/箱根関所で飾る(~1月7日)

 平成19(2007)年春、江戸時代末の姿に甦った箱根関所(大和田公一所長)では、箱根町内に伝わる〈松を使わない門松〉と〈不思議な形の玄関飾り〉など伝統的な飾りで、新たな年を迎える。展示は来年1月7日まで。時間は午前9時~午後4時30分(入館は午後4時)。

松を使わない門松を飾る箱根関所・京口御門

 箱根の村々では、正月の門松の代わりに樫(かし)や樒(樒)の枝葉を使っていたことが、江戸時代に編纂された『新編相模国風土記稿』に記されている。
 江戸の面影が残る〈門松〉と〈玄関飾り〉の伝統を伝えようと箱根町仙石原の飲食店の有志で組織する「仙石原古式門松保存会」が、山中から竹、樒を切り出した材料の提供や作り方を指導している。箱根町の郷土資料館や仙石原文化センターなどでも見ることができる。

2匹のエビを稲わらで編んだユニークな形の玄関飾り

 「松を使わない門松」の謂(いわれ)は、正月に箱根権現(箱根神社)の神様が、松葉で目を怪我したことから、それ以来、松を使わず樫や樒を用いるようになった、という。
 門松は、高さ約4メートルで箱根関所の京口御門に飾られ、記念写真を撮る観光客らの姿も。玄関飾りは、高さ約60センチで2匹のエビを稲わらで編んだユニークな形。
 箱根関所のHPは、http://www.hakonesekisyo.jp/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  2.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  3.  海とともに生きる真鶴町の古き祭と新しき祭を後世に伝える「豊漁豊作祭~真鶴 龍宮祭」が秋晴れに恵まれ…
  4.  12月10日午前9時45分ごろ、熱海市小嵐町の県営住宅上小嵐団地付近で住宅火災があり、2時間10分…
  5.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
  6.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…

ページビュー

  • 124415総閲覧数:
  • 45今日の閲覧数:
  • 30昨日の閲覧数:
  • 586月別閲覧数:
ページ上部へ戻る