【箱根町】江戸の面影残る〈門松〉と〈玄関飾り〉/箱根関所で飾る(~1月7日)

 平成19(2007)年春、江戸時代末の姿に甦った箱根関所(大和田公一所長)では、箱根町内に伝わる〈松を使わない門松〉と〈不思議な形の玄関飾り〉など伝統的な飾りで、新たな年を迎える。展示は来年1月7日まで。時間は午前9時~午後4時30分(入館は午後4時)。

松を使わない門松を飾る箱根関所・京口御門

 箱根の村々では、正月の門松の代わりに樫(かし)や樒(樒)の枝葉を使っていたことが、江戸時代に編纂された『新編相模国風土記稿』に記されている。
 江戸の面影が残る〈門松〉と〈玄関飾り〉の伝統を伝えようと箱根町仙石原の飲食店の有志で組織する「仙石原古式門松保存会」が、山中から竹、樒を切り出した材料の提供や作り方を指導している。箱根町の郷土資料館や仙石原文化センターなどでも見ることができる。

2匹のエビを稲わらで編んだユニークな形の玄関飾り

 「松を使わない門松」の謂(いわれ)は、正月に箱根権現(箱根神社)の神様が、松葉で目を怪我したことから、それ以来、松を使わず樫や樒を用いるようになった、という。
 門松は、高さ約4メートルで箱根関所の京口御門に飾られ、記念写真を撮る観光客らの姿も。玄関飾りは、高さ約60センチで2匹のエビを稲わらで編んだユニークな形。
 箱根関所のHPは、http://www.hakonesekisyo.jp/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…
  2.  投票締め切り直後の午後8時4分ごろ、テレビから出口調査の結果をもとに「牧島かれんさん当確」の報が流…
  3.  箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月3…
  4.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  5.  伊東市内の小学生たちが、模擬的な会社をつくり、商品の企画から販売までを行う起業体験「伊東こどもビジ…
  6.  お正月を熱海で過ごす観光客で賑わう熱海駅前の平和通り商店街で1月1日、「樽酒ふるまい」のイベントが…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る