【松田町】プロフェッショナル観光ガイドの育成講座/大人気! 定員5人を超える17人応募

 松田町(本山博幸町長)は、来年1月から有償での観光ガイドの規制が緩和されることから、プロの観光ガイドを養成する「プロフェッショナル観光ガイド育成講座」を5回シリーズで開いている。講座は、松田町観光協会の企画・公認。

「インバウンド業界の今…」などを学んだ「第1回観光ガイド育成講座」

 現在、有償での観光ガイドは、「通訳案内士」の資格者に限られているが、1月4日より資格がなくても行えるよう規制緩和される。
 同町では、将来的に松田町を中心に足柄上地域で外国人向け有償観光ガイドを目指し、「日常的なコミュニケーションを英語で行うことができる語学力を持つ人」を条件に募集したところ、定員5人に対し17人の応募があったため、定員を増やし全員を対象とした。今後、プロの観光ガイドを養成するとともに、有償でガイドできる観光コースの開発も目指す。

「プロフェッショナル観光ガイド育成講座」への参加を呼びかけたチラシ

 講師は、箱根町出身・在住で2015年11月に外国人専門の観光ガイド(通訳案内士)として活動を開始した金子森(かねこ・しん)さん。年間1000時間以上、世界23カ国からのゲストを箱根で案内。初年度からトリップアドバイザー社のエクセレンス認証を取得。
 講座は、第1回「インバウンド業界の今、ガイドに求められるスキル」(12月21日済)をはじめ、第2回「松田町のインバウンド向け地域観光資源の再発掘」(平成30年1月18日)、以下、「一連のガイド業務のワークショップ」、「モデルコースでの受講者同士の模擬ガイド」、「模擬ガイドへのフィードバックと実践的ノウハウの伝授(集客方法・ブランディングなど)を来年2月22日までの5回シリーズで学ぶ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  2.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…
  3.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  4.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  5.  茶道裏千家淡交会小田原支部(飯沼寛雄支部長)の幹事長・大木康子さんと副幹事長の佐野清江さんはこのほ…
  6.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…

ページビュー

  • 104917総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る