【小田原市】環境審議会委員を募集(1月4日~)/小田原市環境政策課

 小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、環境の保全や地球温暖化対策、再生可能エネルギーなどについて調査・審議するため「小田原市環境審議会」の委員を募集する。同市では平成7年度から、審議委員会を設置、市民の意見をまちづくりに反映している。

環境審議会の委員を募集する小田原市

 締め切りは、来年2月2日。募集人数は3人程度。応募資格は、小田原市内在住または在勤・在学の20歳以上で、昼間の会議に出席できる人。任期は、平成30年4月1日~同32年3月31日(2年間)。会議回数は、年3回程度(予定)。報酬は、会議1回につき1万円。
 応募方法は、応募用紙に必要事項を記入し、小田原市役所環境政策課(本庁舎4階)へ持参すること。
 選考方法は、応募用紙に記載された内容をもとに書類選考。結果は、応募者全員に通知する(3月中旬頃郵送予定)。
 問い合わせは、小田原市役所環境政策課 0465-33-1473 メール:kansei@sity.odawara.kanagawa.jp 。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  2.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…
  3.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  4.  南足柄市は10月11日までに、市立向田小(藤澤恭子校長)の1年3組をインフルエンザ等による学級閉鎖…
  5.  金太郎のふるさと・南足柄の旬を“パチリ”と撮った「南足柄市観光写真コンクール」の審査がこのほどあり…
  6.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…

ページビュー

  • 89895総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 64昨日の閲覧数:
  • 2017月別閲覧数:
ページ上部へ戻る