【小田原市】新春の歳時記「元旦初泳ぎ&初日の出」/賑わった!御幸の浜海岸

 城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われた。主催は小田原市(加藤憲一市長)。小田原水泳協会(繁光一会長)が主管。相洋高校和太鼓部出身メンバーで結成した創作和太鼓集団「衆」と小田原ライフセービングクラブが協力。
 夜明け前の海岸には、加藤市長をはじめ若いカップルや家族連れなど多くの老若男女が〈初泳ぎ〉と〈初日の出〉見物に訪れた。午前6時30分の気温は、例年より低い0℃、水温は10℃だった。

「海の安全」と「人々の健康」を願った初泳ぎ

 加藤市長は「元旦の清涼な空気の中、静かに広がる相模の大海原を見渡していると、全国にも類を見ないほどの豊かな自然の恵みを、改めて強く感じる。小田原の市民が、安心して暮らし続けられるよう、また、多くの人が訪れて貰えるよう決意を新たにしている」と挨拶した。

水平線をオレンジ色に染めた2018年初日の出

 初泳ぎには、小田原水泳協会(繁光一会長)や地域スイミングクラブ所属のメンバーら17人(23歳~64歳)が参加。入念な準備体操で身体を解きほぐした後、創作和太鼓集団「衆」の演奏する勇壮な太鼓の音と詰めかけた人たちの声援に送られ、大漁旗を掲げた漁船が行き交う相模の海に入った。
 午前6時50分過ぎ、待ちに待った2018年の初日の出が水平線をオレンジ色に染めると、泳者は輪になって三本締めを行い、海の安全と人々の健康を願った。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  子育て世代を中心にした定住促進を図るため、誰もが安心して子育てできる環境づくりを重点施策に掲げる開…
  2.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…
  3.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…
  4.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…
  5.  今年、創立40周年を迎える「松田町少年野球育成会・松田キャッスルズ」は2月10日午前10時から、松…
  6.  JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が年末年始コース(12月3…

ページビュー

  • 91634総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1241月別閲覧数:
ページ上部へ戻る