【開成町】女性の視点を大切にした「防災ブック」/「防災について勉強する会 たんぽぽ」作成

 開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、絵本のように親子で楽しみながら学べる防災ハンドブック『あじさいちゃんと学ぼう 防災ブック』(44ページ)を作成した。

 「たんぽぽ」は、東日本大震災を機に、立て続けに発生する地震や台風、竜巻など大規模災害に危機感を覚え、自分や家族の身を守らなければ、との思いを共有する主婦ら12人で結成した。
 同会は、災害に遭遇し、ケガをした時や逃げる時?など素朴な疑問を解決するため、町の消防署の講座や体験、他市の防災クラブとの交流などを通して、段ボールトイレや女性ならではの防災頭巾、干し野菜を使った簡単で美味しい防災食づくりなどさまざまな防災知識を学んだ。
 同ハンドブックは、町の公式キャラクター「あじさいちゃん」が案内役となり、カラフルなイラストを用いて、女性目線での〈災害への備え〉や〈減災に役立つ情報〉などを分かりやすい言葉で綴っている。
 「あじさいちゃんと学ぼう 防災ブック」は、http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9422 で見ることができる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  2.  湯河原町(冨田幸宏町長)は1月29日付で、同町土肥の湯河原町消防署内で昨年12月27日に発生した消…
  3.  小田急グループの小田急箱根ホールディングス(金田収社長、本社・小田原市)は、箱根エリアを中心とした…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…
  5.  小田原に古くから栄え・今に伝える《かまぼこ・漬け物・菓子・ひもの・塩辛・木工》など地域資産の工夫を…
  6.  新しい風が吹き、現職2人が涙を呑んだ真鶴町議会は10月6日、町議選後初の臨時会を開き、正・副議長は…

ページビュー

  • 72501総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1418月別閲覧数:
ページ上部へ戻る