【開成町】女性の視点を大切にした「防災ブック」/「防災について勉強する会 たんぽぽ」作成

 開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、絵本のように親子で楽しみながら学べる防災ハンドブック『あじさいちゃんと学ぼう 防災ブック』(44ページ)を作成した。

 「たんぽぽ」は、東日本大震災を機に、立て続けに発生する地震や台風、竜巻など大規模災害に危機感を覚え、自分や家族の身を守らなければ、との思いを共有する主婦ら12人で結成した。
 同会は、災害に遭遇し、ケガをした時や逃げる時?など素朴な疑問を解決するため、町の消防署の講座や体験、他市の防災クラブとの交流などを通して、段ボールトイレや女性ならではの防災頭巾、干し野菜を使った簡単で美味しい防災食づくりなどさまざまな防災知識を学んだ。
 同ハンドブックは、町の公式キャラクター「あじさいちゃん」が案内役となり、カラフルなイラストを用いて、女性目線での〈災害への備え〉や〈減災に役立つ情報〉などを分かりやすい言葉で綴っている。
 「あじさいちゃんと学ぼう 防災ブック」は、http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9422 で見ることができる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  熱海市咲見町の山田屋水産(福島瞳社長)が製造販売する熱海ブランド商品「しいたけ坊ちゃん丸」が全国的…
  2.  中井町(杉山祐一町長)は12月9日から、マンホールの蓋(ふた)に町の花(リンドウ)、町の木(キンモ…
  3.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)が導入を進める新型特急ロマンスカー70000形の車体…
  4.  平成30年秋に完成が予定されている、映画「地上の星-二宮金次郎伝」の制作を市民を挙げて応援していこ…
  5.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  6.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…

ページビュー

  • 104917総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 1269月別閲覧数:
ページ上部へ戻る