【熱海市】1年に1度、秘仏~運慶作「毘沙門天王像」ご開帳/小山毘沙門堂

 熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、大祭が開かれる1月3日午前5時半から同6時半までの1時間だけ一般に公開している。

 富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、右手に戟(げき)、左手に五重塔を持つ威厳と尊厳を兼ね備えた立像が現れ、参詣者たちは手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願した。

 縁起物のだるまの販売もあり、夜明け前にもかかわらず、多くの人が拝顔に訪れた。
■小山毘沙門堂:網代の漁師たちの大漁祈願の神として貞享2年(1685年)に再建。日蓮宗三島本覚寺の末寺最栄山富西寺に属し、信者たちが細々と管理してきたが、昭和50年に小山町毘沙門堂奉賛会(蒔田広康会長)が発足。以後、小山町内会(西島幹人会長)とともに組織的に運営している。
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」という…
  2.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  3.  光と音が難攻不落の城・小田原城を幽玄な世界へと誘う「小田原城 冬桜イルミネーション~光と音が織りな…
  4.  金太郎のふるさと・南足柄の旬を“パチリ”と撮った「南足柄市観光写真コンクール」の審査がこのほどあり…
  5.  熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅…
  6.  11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭…

ページビュー

  • 99580総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 1339月別閲覧数:
ページ上部へ戻る