【熱海市】1月5日、寄贈カレンダーを無料配布/好みの3点まで持ち帰りOK!

 熱海市は1月5日午前10時から熱海市総合福祉センターで「ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェア」を開く。
 カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布するもので、2018年版一般カレンダー、日めくり、一枚物、卓上、ダイヤリー、手帳の中から好みの3点まで持ち帰ることができる。

 同市、静岡県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから寄せられた。今年で20回目の人気イベント。入場整理券を配り、30人ずつ実施。昨年は1323点のカレンダーの提供があり、終了の午後3時までに約280人が訪れた。
熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  金太郎のふるさと・南足柄の旬を“パチリ”と撮った「南足柄市観光写真コンクール」の審査がこのほどあり…
  2.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  3.  中井町(杉山祐一町長)は9日午前10時から同町井ノ口の井ノ口公民館で開く、男女共同参画推進講演会「…
  4.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  現職10人と新人3人が11の椅子を争った真鶴町議選は9月24日、投開票された。選挙戦は、“泡沫候補…

ページビュー

  • 89898総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 64昨日の閲覧数:
  • 2020月別閲覧数:
ページ上部へ戻る