【熱海市】1月5日、寄贈カレンダーを無料配布/好みの3点まで持ち帰りOK!

 熱海市は1月5日午前10時から熱海市総合福祉センターで「ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェア」を開く。
 カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布するもので、2018年版一般カレンダー、日めくり、一枚物、卓上、ダイヤリー、手帳の中から好みの3点まで持ち帰ることができる。

 同市、静岡県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから寄せられた。今年で20回目の人気イベント。入場整理券を配り、30人ずつ実施。昨年は1323点のカレンダーの提供があり、終了の午後3時までに約280人が訪れた。
熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  恒例の「第11回小田原映画祭 シネマトピア2017」が9月18日夕、開幕した。オープニングでは小田…
  2.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  3.  本格的な冬将軍の到来を前に、小田原厚木道路と西湘バイパスを管轄する中日本高速道路(株)東京支社小田…
  4.  関東で一番早い飯泉観音の「だるま市」が12月17日から、坂東三十三観音の五番札所として知られる小田…
  5. 大井町(間宮恒行町長)は2月14日、一般会計と4特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、下水道、介護…
  6.  申し合わせ任期による松田町議会の正副議長選が9月20日の9月議会最終本会議で行われ、選挙の結果、議…

ページビュー

  • 93867総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 1451月別閲覧数:
ページ上部へ戻る