【小田原市】城下町・小田原の初春を彩る/「新年の書といけばな展」小田原城天守閣(~14日)

 城下町・小田原の初春を艶やかに彩る「第52回新年の書といけばな展」が、小田原城天守閣で開かれている。14日まで。時間は午前9時~午後7時(最終入館:午後6時30分)。5・9・14日は、午後3時~同4時30分まで展示替えのため4階企画展示室を閉館。最終日(14日)は、書のみ午後4時30分~午後7時まで展示。主催は小田原城天守閣。小田原書道連盟と小田原華道協会が共催。

 会場の4階企画展示室には、若松や千両、水引、ロウバイ、菊、南天、ユリなど初春を寿ぐ花々で伝統の美を演出するいけばな20席(会期中展示替え有)、漢詩や和歌、近代詩の一節などに筆を執り、軸装や額装に仕立てた書30点を飾り、城下町・小田原の初春を祝福している。

 小田原城のHPは、http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  2.  観光を基幹産業とする熱海市は、昨年10月から「自伐型林業」の講習会を開き、林業を軸にした若者の雇用…
  3.  松田町(本山博幸町長)は、同町寄(やどりき)の〈魅力を活かした仕事づくりに関心のある人〉、〈寄で仕…
  4.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…
  5.  小田原市早川の(株)山安の山田義征社長と山口豊売店統括部長はこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を…
  6.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る