【小田原市】城下町・小田原の初春を彩る/「新年の書といけばな展」小田原城天守閣(~14日)

 城下町・小田原の初春を艶やかに彩る「第52回新年の書といけばな展」が、小田原城天守閣で開かれている。14日まで。時間は午前9時~午後7時(最終入館:午後6時30分)。5・9・14日は、午後3時~同4時30分まで展示替えのため4階企画展示室を閉館。最終日(14日)は、書のみ午後4時30分~午後7時まで展示。主催は小田原城天守閣。小田原書道連盟と小田原華道協会が共催。

 会場の4階企画展示室には、若松や千両、水引、ロウバイ、菊、南天、ユリなど初春を寿ぐ花々で伝統の美を演出するいけばな20席(会期中展示替え有)、漢詩や和歌、近代詩の一節などに筆を執り、軸装や額装に仕立てた書30点を飾り、城下町・小田原の初春を祝福している。

 小田原城のHPは、http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  熱海市の初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月3日開幕した。7回目となる今年も初島の漁師が営む…
  4.  小田原市早川の(株)山安の山田義征社長と山口豊売店統括部長はこのほど、小田原市役所に加藤憲一市長を…
  5.  神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審…
  6.  熾火(おきび)の上を素足で渡り、煩悩や諸悪を焼き尽くす修行で知られる小田原市中里の延寿山成就院満福…

ページビュー

  • 72495総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1412月別閲覧数:
ページ上部へ戻る