【小田原市】職員募集(~1月18日)/採用試験は「人物重視」

 小田原市(加藤憲一市長)は、市民のために〈情熱と熱意をもって職務に取り組む〉〈自ら考えて行動する〉〈課題や目標に果敢にチャレンジする〉ことができる《人物重視》の採用試験(後期)の申込みを受け付けている。締め切りは1月18日。

 募集する職種と人数は①一般事務(障がい者対象):若干名②保健師:若干名③保育士・幼稚園教諭(育児休業代替任期付):若干名。
 受験資格は、①:昭和34年4月2日以降に生まれた人。身体障害者手帳などの交付を受けていること。自力による通勤と事務作業が可能なこと。②:昭和52年4月2日以降に生まれ、保健師の資格を有する(見込む)人。③:昭和34年4月2日以降に生まれ、保育士または幼稚園教諭の資格を有し、いずれかの職務経験が3年以上ある人。
 申込方法は、申込書などを市役所3階職員課(赤通路)へ持参(土・日・祝日除く午前8時30分~午後5時)するか、〒250-8555小田原市荻窪300番地、小田原市企画部職員課人事研修係宛てに「採用試験申込書在中」と記載の上、「普通郵便」または「特定記録郵便」で郵送すること。1月17日消印有効。申込書などは、市HPからダウンロードできる。
 小田原市職員採用試験(後期)案内のHPは、http://www.city.odawara.kanagawa.jp/municipality/staffin/saiyou/p24209.html
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…
  2.  戦国時代、五代100年にわたって関東に覇を唱えた小田原北条氏の拠点・小田原城にスポットを当てたオリ…
  3.  官公庁仕事始めの1月4日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、齊藤栄市長は「10年かけて…
  4.  真鶴町は国から過疎地域の指定を受けたことに伴い、過疎地域自立促進計画を策定に向けての住民説明会を9…
  5.  バラ色の人生でした。我が人生に悔いはありません。-平成29年4月26日、84年の人生を全うしたアオ…
  6.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…

ページビュー

  • 72501総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 1418月別閲覧数:
ページ上部へ戻る