【熱海市】熱海梅園「梅まつり」が開幕!梅と椿、早春の甘い香り満喫

 熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニングセレモニーでは、中島幹雄熱海市観光協会会長、森本要副長のあいさつの後、伊豆大島の坂上長一町議会副議長と白井岩仁観光協会会長が壇上に立ち、両市町のシンボルである梅と椿を交換し、交流を深めた。熱海芸妓があでやかに踊りを披露、第30代梅の女王の増田玲未さんをはじめ、ミス熱海の5人がデビューを飾り、来園者をもてなした。

 初日は中央広場で熱海囃子(ばやし)笛伶会(てきれいかい)の演奏やミス熱海の撮影会、甘酒の無料サービスがあり、園内の香林亭では新春落語会がスタート。柳家ほたるさんが名人芸を披露した。大島町は今年も椿小鉢200人分を梅園入り口で配り、1月28日から始まる「椿まつり」(3月25日まで)をピーアールした。

 梅まつり期間中の熱海梅園は、午前8時半~午後4時の入園が有料。一般300円(中学生以下無料)、市民と宿泊客は100円。3月4日まで。
■主催:熱海市観光協会0557-85-2222
熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  五十嵐匠監督・合田雅吏さん主演の二宮尊徳(金次郎)の生涯を描く映画「地上の星-二宮金次郎伝」の撮影…
  2.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  3.  小泉進次郎旋風から一夜明けた10月16日、希望の党の前職・渡辺周氏が公示日に続いて2回目の熱海入り…
  4.  開成町(府川裕一町長)のミニ冊子『かいせいびより』(B6変形判、オールカラー、46ページ)がこのほ…
  5.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)は9月3日、マグニチュード6.7、震度6弱とする神奈川県西部地震を想定した…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る