【小田原市】パチン パチン…春呼ぶ音 軽やかに/早春の歳時記「梅の剪定」

 小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒紅梅がちらほらと咲き始めた梅の名所・小田原城址公園で行われた。剪定には、小田原市梅研究会(穂坂成雄会長、会員148人)のメンバー10人が、剪定バサミや2メートルほどに伸ばした高枝切りバサミなどを手に駆けつけた。

常磐木門や天守閣をバックに軽やかな音を響かせた剪定作業

 朝の澄んだ空気の中、常磐木門や天守閣をバックに、枯れ枝や伸びすぎた枝を剪定する“パチン”“パチン”という軽やかなハサミの音を響かせた。剪定した小枝は、城址公園本丸広場で観光客らに配られた。
 園内には、早咲きの紅梅や白梅など約250本のウメの木が植えられ、甍(いらか)と白壁をバックに咲くウメの花のふくいくとした香りが、観光客らを楽しませる。
 同研究会のメンバーは城址公園の後、曽我梅林梅まつりの会場となる梅の里センターやJR御殿場線下曽我駅周辺での剪定作業に汗を流した。穂坂会長は「乾燥が続いているが、ひと雨の後、気温が上がると蕾みも膨らむ。梅まつりの頃には見ごろになると思う」などと話していた。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1. 二見康一さん(ふたみ・こういち): 11月26日逝去、67歳。熱海市銀座町。老舗干物店「釜鶴」社長…
  2.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  3.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  4.  本格的な冬将軍の到来を前に、小田原厚木道路と西湘バイパスを管轄する中日本高速道路(株)東京支社小田…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)はこのほど、外国人をはじめ小田原を訪れる観光客らのニーズが高い無料Wi-F…
  6.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…

ページビュー

  • 77995総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数:
  • 1469月別閲覧数:
ページ上部へ戻る