【小田原市】パチン パチン…春呼ぶ音 軽やかに/早春の歳時記「梅の剪定」

 小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒紅梅がちらほらと咲き始めた梅の名所・小田原城址公園で行われた。剪定には、小田原市梅研究会(穂坂成雄会長、会員148人)のメンバー10人が、剪定バサミや2メートルほどに伸ばした高枝切りバサミなどを手に駆けつけた。

常磐木門や天守閣をバックに軽やかな音を響かせた剪定作業

 朝の澄んだ空気の中、常磐木門や天守閣をバックに、枯れ枝や伸びすぎた枝を剪定する“パチン”“パチン”という軽やかなハサミの音を響かせた。剪定した小枝は、城址公園本丸広場で観光客らに配られた。
 園内には、早咲きの紅梅や白梅など約250本のウメの木が植えられ、甍(いらか)と白壁をバックに咲くウメの花のふくいくとした香りが、観光客らを楽しませる。
 同研究会のメンバーは城址公園の後、曽我梅林梅まつりの会場となる梅の里センターやJR御殿場線下曽我駅周辺での剪定作業に汗を流した。穂坂会長は「乾燥が続いているが、ひと雨の後、気温が上がると蕾みも膨らむ。梅まつりの頃には見ごろになると思う」などと話していた。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  2.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…
  3.  熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日早朝、普段は見られない「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代…
  4.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  5.  熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山…
  6.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…

ページビュー

  • 97796総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 3738月別閲覧数:
ページ上部へ戻る