【熱海市】新春彩る「熱海消防出初式」 消防団員や家族、民間協力者に感謝状

 新春恒例の熱海消防の出初式が1月6日、渚親水公園レインボーデッキで開かれた。熱海市消防本部(土屋千秋消防長)、熱海市消防団(牧野克昭消防団長)の職員と消防団員の約500人が参加し、士気を高めた。渡辺周、勝俣孝明衆院議員、川口健市議会議長、藤曲敬宏県議、中田剛充熱海自主防災会連合会長など約100人の来賓が見守る中、観閲者の齊藤栄市長が整列した部隊を検閲。式典では、長年にわたり地域消防に貢献してきた消防団員や家族、民間協力者に感謝状を授与した。

 市防火協会幼年消防クラブの保育園児(富士、栄光熱海中央、MOAあたみ幼児学園)が「火の用心の歌」を披露し、出席者は防火に決意を新たにした。
式典終了後は消防署員、団員らが隊列を組んで熱海銀座通りを観閲パレード。ムーンテラスでは24本のホースを使い、署員と各分団の約150人が海上へ向けて一斉放水を実施し、防災意識を高めた。





熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  地方創生の優良事例として全国から注目される鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)のリーダー…
  2.  小田原市(加藤憲一市長)と小田原市観光協会(石田武会長)は、市民が選ぶオススメの観光スポット「推し…
  3.  みかんの生産者や加工業者、JA、企業、消費者など、みかんに携わる広範な関係者が一堂に会して事例共有…
  4.  首都圏の人気マラソン大会は抽選で走れない人が続出するなど世は空前のマラソンブーム。ただ走るだけでな…
  5.  川勝平太静岡県知事が「県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路」と絶賛していた熱海市の「さ…
  6.  環境省は9月28日、富士山(標高3776m)の開山日(山梨県側1ルート:7月1日、静岡県側3ルート…

ページビュー

  • 86324総閲覧数:
  • 61今日の閲覧数:
  • 63昨日の閲覧数:
  • 879月別閲覧数:
ページ上部へ戻る