【熱海市】新春彩る「熱海消防出初式」 消防団員や家族、民間協力者に感謝状

 新春恒例の熱海消防の出初式が1月6日、渚親水公園レインボーデッキで開かれた。熱海市消防本部(土屋千秋消防長)、熱海市消防団(牧野克昭消防団長)の職員と消防団員の約500人が参加し、士気を高めた。渡辺周、勝俣孝明衆院議員、川口健市議会議長、藤曲敬宏県議、中田剛充熱海自主防災会連合会長など約100人の来賓が見守る中、観閲者の齊藤栄市長が整列した部隊を検閲。式典では、長年にわたり地域消防に貢献してきた消防団員や家族、民間協力者に感謝状を授与した。

 市防火協会幼年消防クラブの保育園児(富士、栄光熱海中央、MOAあたみ幼児学園)が「火の用心の歌」を披露し、出席者は防火に決意を新たにした。
式典終了後は消防署員、団員らが隊列を組んで熱海銀座通りを観閲パレード。ムーンテラスでは24本のホースを使い、署員と各分団の約150人が海上へ向けて一斉放水を実施し、防災意識を高めた。





熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月11日に開幕する。園内には380本の…
  2.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  3.  明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月最初の日曜日となった2月4日、あた…
  4.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…
  5.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  6.  湯河原町(冨田幸宏町長)は1月29日付で、同町土肥の湯河原町消防署内で昨年12月27日に発生した消…

ページビュー

  • 80327総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1675月別閲覧数:
ページ上部へ戻る