【秦野市】河口邦山の「大津絵~笑日展」/ぎゃらりーぜん(~12日)

 江戸時代、滋賀・大津の絵師が旅人の土産物や護符として神社や人物、動物に風刺を込めてユーモラスなタッチで描いた大津絵。2018年のスタートに《笑いは 最良で最強のパートナー》の思いを色紙や額絵、縁起絵馬などに込めた「河口邦山の大津絵~笑日展」が秦野市立野台の日赤病院前・十全堂薬局2階の「ぎゃらりーぜん」で開かれている。12日まで。時間は午前10時~午後5時。

河口邦山版の大津絵が並ぶ「笑日展」

 会場には、襖(ふすま)用のロール紙を畳1枚分の大きさに裁断した画紙にそれぞれ干支の酉と戌を描いた主役交代、戌年をモチーフに米国トランプ大統領と安倍総理大臣の絆に筆を執り〈たくさんの感謝の気持ちを込めて…〉の文字を添えた風刺画、立川談志・三波伸介・三遊亭円楽・桂歌丸などテレビの人気番組「笑点」の歴代司会者や高齢化社会を反映して〈立ちあがり 用事忘れて また座る〉の言葉に笑いを誘う《河口邦山版大津絵》を展示。また、“大きい福も 小さな福も みんなこい!”“しあわせ よろこび これと決めたらワンチャンス”などと描かれた縁起絵馬もズラリと並ぶ。

戌年をモチーフに筆を執った日米首脳の絆

 ぎゃらりーぜんのフェイスブックは、https://www.facebook.com/galleryzen/
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  2.  静岡県熱海土木事務所と熱海市は10月19日、市役所で記者会見を開き、市内6地区のうち、熱海、多賀、…
  3.  NPO法人おだわらねこと小田原市は、野良猫の現状や猫の適正飼育などについて理解を広めるイベント「お…
  4.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復駅伝競走」の往路優勝校に贈られる「寄木トロフィーとメダル」が1…
  5.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  6.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…

ページビュー

  • 72495総閲覧数:
  • 67今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1412月別閲覧数:
ページ上部へ戻る