【熱海市】3月中旬並みの暖かさ 「あたみ桜」一部で見頃/糸川遊歩道

 今年最高の13.8度を観測した1月8日、熱海市の糸川沿いに58本植えられているあたみ桜が一部で見頃に入った。熱海市都市整備公園課緑地室によると、5日現在、開花しているのは24本、全体では1分咲きだが、3月中旬なみの暖かさで一気に開花が進んだ。例年より2週間早かった前年より1週間遅いペースだが、あたみ桜糸川桜まつりが開幕する20日(~2月11日)には遊歩道全体が見ごろを迎えそうだ。

熱海ネット新聞

関連記事

注目の記事

  1.  箱根町観光協会(勝俣伸理事長)は、平成30年2月3日と10日に開催する「芸妓と歩く箱根旅物語~歴史…
  2.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…
  3.  伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編され…
  4.  南足柄市の加藤修平市長は「市議会第1回定例会」4日目の2月19日、施政方針演説を行った。  加藤…
  5.  湯河原町(冨田幸宏町長)は2月7日、一般会計と3特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢…
  6.  熾火(おきび)の上を素足で渡り、煩悩や諸悪を焼き尽くす修行で知られる小田原市中里の延寿山成就院満福…

ページビュー

  • 140778総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 206昨日の閲覧数:
  • 1706月別閲覧数:
ページ上部へ戻る