【南足柄市】テーマ「災害時の母子救護」/市民防災の集い(1月20日)

 南足柄市(加藤修平市長)は1月20日午後2時から、一人ひとりが災害時に自助・共助を育み、被害を最小限に食いとめる“地域防災力”の向上を目的に、〈災害時の母子救護〉をテーマにした「市民防災の集い~災害から母子を守る」を同市関本の南足柄市文化会館小ホールで開く。入場無料(事前申込制)。定員250人(先着順)。開場は午後1時30分。

 同集いでは、看護師、助産師として災害現場を含む国内外での活動経験を持ち、現在、千葉大学大学院で共同災害看護学を学ぶ佐藤真奈美さんと鈴木聡子さんを講師に迎え、災害時における妊産婦や乳幼児に対する、共助に繋がる支援のあり方について考える。
 佐藤真奈美さんのプロフィール=助産師。東海大学医学部付属病院をはじめ、国内外の医療施設などにおいて看護師、助産師として活動し、母子支援に携わる。
 鈴木聡子さんのプロフィール=助産師。国立成育医療センター、高崎健康福祉大学をはじめ、災害現場を含む国内外で看護師、助産師として活動。2015年より出張専門開業助産師として活動を開始。
 申し込みは、南足柄市役所防災安全課(0465-73-8055、平日:午前8時30分~午後5時)かメール:bousaitaisaku@city.minamiashigara.kanagawa.jp(件名に「市民防災の集い参加希望」、本文に住所・氏名・電話番号・参加人数を記入)で。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東商工会議所で1月13日、「伊東創業塾」(全3回)がスタートした。伊東創業塾は、起業・創業の実現…
  2.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…
  3.  氏政、氏照、氏邦の「北条三兄弟」の絆で姉妹都市盟約を結んでいる小田原市(加藤憲一市長)、東京都八王…
  4.  「伊豆ODORIKO(踊り子)フェスティバル」が3月10日、伊東観光会館ホールで開催される。  …
  5.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  6.  城下町・小田原の新春の歳時記「第72回小田原元旦初泳ぎ」が1日、小田原市本町の御幸の浜海岸で行われ…

ページビュー

  • 72330総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 1247月別閲覧数:
ページ上部へ戻る