【熱海市】絶品アジの干物、食べてみて!大縄公園でPR/網代温泉ひもの祭り

 熱海市の網代温泉で1月13日、新春の「網代温泉ひもの祭り」が始まった。網代温泉観光協会の役員らがそろいの法被姿で脂の乗ったアジの干物を炭火で手際よく焼き、食欲をそそる煙と匂いに誘われ、観光客らが列を作った。

 干物は1枚ずつ皿に盛って振る舞われ、用意されたテーブル席で焼きたてを味わった。会場では各種干物の販売をはじめ、鯵(あじ)自慢の宿みやこ荘が「網代イカメンチ」、地元「おやじの会」がアジフライ、網代の人気洋菓子店「かるふーる」がシフォンケーキ、地元町内会がつきたてもちの雑煮などを販売。春野菜や花木も並んでいる。

 熱海の冬の風物詩として知られる「網代温泉ひもの祭り」は網代温泉観光協会(0557-68-0136)が主催し、11月から2月までの冬シーズン、毎月1回(2日間)開催。各回2500枚のアジのひものを振る舞う。
■次回の網代温泉ひもの祭り
2月24日(土)25日(日)=うみみえーる長浜(長浜海浜公園)
熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

注目の記事

  1.  第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(12月2日、静岡市)の熱海市代表選手20人が決まった。  …
  2.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」を積極的に進める松田町(本山博幸町長…
  3.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  4.  小田原市は1月30日、同市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」にある大型複合遊具・コスモワ…
  5.  小田原出身の俳人・藤田湘子(1926~2005)の足跡を顕彰し、小田原の俳句文化への理解を深め、誰…
  6.  5年前、会社員を卒業して14ヵ月の世界一周の旅に出た紺栄太・晴(はるる)さん夫妻(中井町)は、地球…

ページビュー

  • 70428総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1222月別閲覧数:
ページ上部へ戻る