【開成町】町の魅力を”パチリ”と撮った「観光フォトコンテスト」/町長賞に城戸和子さんの作品「こどもの日」

 神奈川県内で面積の一番小さな町の魅力を“パチリ”と撮った「2017開成町観光フォトコンテスト」の審査会がこのほどあり、県内外から寄せられた64人、214点の中から、小田原市の城戸和子さんの作品「こどもの日」が推薦(町長賞)に輝いた。

推薦:町長賞/城戸和子さんの作品「こどもの日」

 城戸さんの作品は「歴史ある瀬戸屋敷のイベントに参加する人たちを正確に美しく表現している。写真を1枚見れば、瀬戸屋敷がどんな所か、参加者がどんな事をしているのか、一目瞭然。光もうまく利用して美しく仕上がった。」と評価された。
 特選では、議会議長賞に横浜市の桑原雄太さん「二拍子の和み」、商工振興会長賞に相模原市の島田美治さん「あぜ道と紫陽花」、教育長賞に小田原市の本間浩一さん「ひなまつり」が選ばれた。また、特別賞に開成町の荻野悦男さん「躍動あわおどり」が選ばれた。

特選:議会議長賞/桑原雄太さんの作品「二拍子の和み」

特選:商工振興会長賞/島田美治さんの作品「あぜ道と紫陽花」

特選:教育長賞/本間浩一さんの作品「ひなまつり」

特別賞/荻野悦男さんの作品「躍動あわおどり」

 作品の題材は、町の一大イベント「あじさいまつり」が41人、88点と4割を占め、続いて、阿波おどり(29人、62点)、瀬戸屋敷(22人、40点)、あしがら花火大会(7人、8点)となった。
 入選と佳作は次の通り。敬称略。
【入選】▽1席:「緑に囲まれて」千田公一▽2席:「黄葉見ごろ!」門脇公一▽3席:「月明かりに咲く」下川勝利▽4席:「ちょっと一休み」石井良二▽5席:「夕暮れのアジサイ」宮田久男▽6席:「福は内 福は内」古谷忠昭
【佳作】▽1席:「楽しい田植え体験」鈴木要▽2席:「夏の終り」生田文夫▽3席:「美しい花の里」尾崎ゆり▽4席:「審査委員にアピール」安西久幸▽5席:「ライトアップの瀬戸屋敷」青木房雄▽6席:「声を合わせて」飯村登久彦▽7席:「開成の夜空を彩る」内田孝▽8席:「あじさい見頃」中村雄二▽9席:「第30回開成町阿波おどりスタート」阿部哲二
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  箱根町観光協会(勝俣伸理事長)は、平成30年2月3日と10日に開催する「芸妓と歩く箱根旅物語~歴史…
  2.  小田原市を中心に県西地域で活動する「報徳 九転十起人生塾」の田嶋享塾長ら4人が7日午後、小田原市役…
  3.  平成30年(2018)に《なかい誕生110年》を迎える中井町(杉山祐一町長)はこのほど、町の魅力を…
  4.  総務省は12月26日、今年4月1日現在の地方公務員(一般行政職)の給与実態調査の結果を公表した。国…
  5.  熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2…
  6.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復駅伝競走」の往路優勝校に贈られる「寄木トロフィーとメダル」が1…

ページビュー

  • 86485総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1040月別閲覧数:
ページ上部へ戻る