【松田町】みやまの里に一足早い“春”の訪れ/松田町寄ロウバイまつり(~2月12日)

 のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やどりき)ロウバイまつり」が、同町寄宇津茂の寄ロウバイ園で開かれている。2月12日まで(期間内無休)。
 開園時間は午前9時~午後4時。寄自然休養村管理センターから会場への無料送迎車は、期間中毎日運行する。入園料は大人(16歳以上)1人300円。団体割引(20人以上)1人200円。身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人と子ども(15歳以下)は無料。主催は松田町(本山博幸町長)。寄ロウバイまつり実行委員会(大舘達治会長)が主管。

甘い香りを運ぶ早春の花・ロウバイ

 2万本以上のロウバイが植えられた園内では、現在、早咲きのロウバイが4、5分ほど咲き、甘い香りを漂わせている。また、清流の流れる集落を眼下に望むのどかな風景をご馳走に弁当を広げる人たちの姿もある。見ごろは、来週中頃から月末になりそう。

清流・中津川と集落を眼下に望むロウバイ園

 まつり期間中は、魚まるごと一尾を燻製にした松田ブランド認定第1号となった「さくら鱒の燻製」、地元のお母さんたちが旬の食材を使い自慢の腕を振るった山里の味が楽しめる売店や食堂も営業している。また、特産品の販売や地元に根付く陶芸や藍染めの芸術体験、ロウバイの切枝などの販売もある。

のどかな山里の風景を楽しむ人たち

 ロウバイ園は、地元の人たちが平成16年に、標高380㍍付近の荒廃農地を整備したのをきっかけに、翌17年に町立寄中学校の3年生が卒業記念として250本のロウバイを植えたのが始まり。現在では、西丹沢の南麓を源に寄の里を流れる清流・中津川と集落を眼下に、2万本以上の黄色い花が冬枯れの山肌をやさしく染める日本最大級(敷地面積13000平方メートル以上)のロウバイ園となっている。
 「松田町寄ロウバイまつり」のHPは、https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/7roubai/syoukai.html
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東市は今年、シャイニークリスマス2017と称して、藤の広場に6メートルのモミの木のイルミネーショ…
  2.  “神”と呼ばれる世界的なドラマー・神保彰による「東日本大震災復興支援~神保彰ワンマンオーケストラコ…
  3.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  4.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  5.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  6.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…

ページビュー

  • 86485総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1040月別閲覧数:
ページ上部へ戻る