【大井町】参加者募集!「酒蔵で地酒に親しむ会」/石井醸造(2月3日)&井上酒造(2月10日)

 神奈川県内にある13の蔵元のうち、石井醸造(株)と井上酒造(株)の2つの酒蔵がある大井町ならではの「酒蔵で地酒に親しむ会」が、2月3日と10日に開かれる。時間はいずれも午後1時~同3時。定員は両日とも先着20人。料金は1人3000円。主催は、大井町地酒で乾杯推進協議会(鈴木幸康会長)。

 2月3日の酒蔵は、同町上大井954の石井醸造、申し込みは1月31日まで。2月10日の酒蔵は、同町上大井552の井上酒造、申し込みは2月7日まで。
 同会は、▽酒造社長による解説を交えながらの酒蔵見学▽日本酒アカデミー講師・上杉孝久氏による講義「お酒の飲み方」▽足柄牛のローストビーフと地場産野菜を肴に「日本酒による料理の味わいの変化を感じる」をテーマに実施する。また、当日は納豆を食べてこないようにすることと、蔵内は冷えるので暖かい服装で来ること。参加者は20歳以上に限る。
 大井町では、伝統的な産業と文化を継承し、〈地酒の消費拡大〉や〈地産地消の推進〉など地域活性化を狙いに平成28年11月に県内で初となる「大井町地酒で乾杯を推進する条例」を制定した。同推進協議会は、大井町町制施行60周年記念祝賀会や地酒購入者への酒蔵前掛けプレゼントキャンペーン、おちょこづくり陶芸教室、日本酒セミナーなど地酒のPR活動を積極的に行っている。
 申し込みは、大井町役場地域振興課(大井町地酒で乾杯推進協議会事務局 0465-85-5013、平日:午前8時15分~午後5時15分)へ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  2.  小田急電鉄(星野晃司社長、本社・東京都新宿区)は2018年3月のダイヤ改正にあわせ、JR東海御殿場…
  3.  江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られ、熱海市にゆかりの深い作家森村誠一さん(84…
  4.  箱根町仙石原の箱根ガラスの森美術館(岩田正崔館長)は、2月22日を語呂合わせで年に一度、《富(ふ)…
  5.  神奈川県西部1市3町の“山”と“森”と“里”を結んだ「あしがら雛めぐり」は、《瀬戸屋敷ひなまつり/…
  6.  南足柄市の加藤修平市長は12月1日、小田原市との「中心市のあり方」について「小田原市と南足柄による…

ページビュー

  • 97903総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 3845月別閲覧数:
ページ上部へ戻る