【伊東市】認知症カフェ、新年も歌声ひびく

 伊東市の認知症カフェは先月12月のクリスマスコンサートもお知らせしたが、1月は「冬の音楽祭」というタイトルで18日に開催され、伊東市役所ホールに歌声が響いた。“前座”と自ら称しスタッフを中心としたメンバーが「ハンドベル」でのトライアル楽曲も披露した。写真は完奏の時の嬉しい笑顔。

 ハンドベルのチームは結成間もなかったということで、今日の会の直前まで市役所1階の「喫茶かめりあ」の片隅で練習に余念がない姿が確認されていた。来月からは楽曲を増やして臨むという意欲的発言もあり、認知症カフェを盛り上げていた。
 「冬の音楽祭」では男性メンバーもゲストで2名加わり、「早春賦」や「となりのトトロ」などの歌が披露された。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  次代を担う中学生が、地方自治体の議会で夢や希望を提言し、市民としての自覚を持ち、まちづくりに関心を…
  2.  全国43地域のジオパーク関係者が集い、活動事例・課題に対する取り組みなどの情報共有やネットワークの…
  3.  地域に眠る様々なものを発掘、商品化して販売するUMEMARU Inc.(小田原市、守屋佑一代表)と…
  4.  熱海市環境衛生自治推進協会(鈴木秀旺会長)は2月2日、熱海市役所で第57回環境衛生大会を開いた。同…
  5.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  6.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…

ページビュー

  • 74069総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 975月別閲覧数:
ページ上部へ戻る