【開成町】県広報コンクール町村部で「広報かいせい」最優秀賞/特集《開成町でママになる》(2017年11月1日号)

 神奈川県が市町村の広報活動の向上を図るため、昭和30(1955)年から実施している「平成29年神奈川県広報コンクール」の審査がこのほどあり、開成町の「広報かいせい(2017年11月1日号)」が広報紙・町村部の最優秀賞に輝いた。

県広報コンクール・町村部で最優秀に輝いた『広報かいせい』(平成29年11月1日発行)

 63回目となる今回は、平成29年1月から12月に発行・発表された《広報紙/市部(政令指定都市除く)・町村部》《広報写真/一枚写真部・組み写真部》《映像》の3媒体5部門の広報作品について、入選作品を決定した。最優秀作品は、(公財)日本広報協会主催の「全国広報コンクール」に出品される。

10ページにわたる特集「開成町の子育て~開成町でママになる」

 「広報かいせい」の特集《開成町の子育て~開成町でママになる》は、総人口における年少人口や6歳未満の子どもをもつ一般世帯の割合が県内市町村で1位の開成町は、子育て世帯の定住促進など子育て支援に力を入れている。女性と男性の育児休業取得率に大きな差がある中、子育てママの役割は大きい。町のママたちから子育ての本音を調査し、その悩みや課題に対する町の支援策を紹介しながら、町のさまざまな制度を活用している先輩ママたちの声を紹介した。特集を読んで《開成町でママになる!》と一人でも多くの人に感じて貰えたらという想いを込めた。
 講評では「10ページにわたる子育て特集は、産後のママ、パパの声から始まり、悩み解決のための町施設や施策を紹介。利用者や経験者の声もあり、最後まで読んでしまう流れができている。細かい点はQRコードで誘導し、読み物中心の作りもよい。全体を通して、丁寧な取材が感じられ、町のことを楽しく知ることができる一冊」と評価された。
 県西部では、開成町の最優秀賞のほか広報紙/町村部で大井町「広報おおい(8月1日発行)」が佳作、広報写真/一枚写真部で南足柄市「広報みなみあしがら(4月1日発行)」が優秀賞、小田原市「広報小田原(8月1日発行)」が佳作、広報写真/組み写真部で山北町「広報やまきた(11月1日発行)」が優秀賞、開成町「広報かいせい(10月1日発行)」が佳作、映像で湯河原町「わたしだけの、湯河原」が優秀賞に選ばれた。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …
  2.  城下町小田原のシンボル・小田原城の一年のホコリやチリを払い落とす師走の風物詩「小田原城天守閣 すす…
  3.  2月3日(土)、節分の厄除豆まきが伊東市・佛現寺で行われた。13時より境内での法要、来賓挨拶等の後…
  4.  開成町の「防災について勉強する会 たんぽぽ」(通称・たんぽぽ)はこのほど、女性の視点を大切にして、…
  5.  1月10日は、「いとうの日」。伊東市内では、110をキーワードに多くのイベントや特典が予定されてい…
  6.  小田原市観光協会(石田武会長)は10月15日の「一夜城まつり」開催にあわせ、豊臣秀吉の小田原攻めの…

ページビュー

  • 70452総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1246月別閲覧数:
ページ上部へ戻る