【小田原市】小田原らしさが詰まったフェス「小田原イズム 2017」9月16日 アリーナで開催

 小田原に関わりのあるバンドが出演したり、地元学校の部活の出演枠も設けなど「小田原らしさ」を大事にした音楽フェス「小田原イズム2017」が今年も9月16日(土)、小田原アリーナで開催される。総勢70組が熱演する。

小田原イズム2017の公式ホームページ

 小田原イズムは、2004年に地元小田原のライブハウスから始まり、2015年からは会場を小田原アリーナに移し、大規模なフェスとなった。出演アーティストの中には小田原ゆかりのアーティストも多数出演。地元高校のダンス部や太鼓部も出演する。主催は、小田原市・小田原イズム制作実行委員会・小田原城ミュージックストリート。

 実行委員長の木部数也さんは「お世話になった小田原を音楽で盛り上げ、恩返ししたい」と熱く語る。
 入場料3900円(別途ドリンク代)、高校生以下は無料。
 詳しくは公式サイト http://odawaraizm.com/

関連記事

注目の記事

  1.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  2.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  伊東市のJR伊東駅前ロータリー広場で12月19日、華やかなイルミネーションが始まった。  これ…
  5.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  6.  真鶴町議会(高橋敦議長)の12月定例会は、7・8日の会期2日間の日程で開かれる。  上程案件は、…

ページビュー

  • 101122総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 111昨日の閲覧数:
  • 946月別閲覧数:
ページ上部へ戻る