【小田原市】小田原らしさが詰まったフェス「小田原イズム 2017」9月16日 アリーナで開催

 小田原に関わりのあるバンドが出演したり、地元学校の部活の出演枠も設けなど「小田原らしさ」を大事にした音楽フェス「小田原イズム2017」が今年も9月16日(土)、小田原アリーナで開催される。総勢70組が熱演する。

小田原イズム2017の公式ホームページ

 小田原イズムは、2004年に地元小田原のライブハウスから始まり、2015年からは会場を小田原アリーナに移し、大規模なフェスとなった。出演アーティストの中には小田原ゆかりのアーティストも多数出演。地元高校のダンス部や太鼓部も出演する。主催は、小田原市・小田原イズム制作実行委員会・小田原城ミュージックストリート。

 実行委員長の木部数也さんは「お世話になった小田原を音楽で盛り上げ、恩返ししたい」と熱く語る。
 入場料3900円(別途ドリンク代)、高校生以下は無料。
 詳しくは公式サイト http://odawaraizm.com/

関連記事

注目の記事

  1.  松田町の「寄(やどりき)ロウバイまつり」は2月6日、例年より1週間ほど遅れて、満開となった。  …
  2.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  3.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  4.  山北町(湯川裕司町長)は16日、一般会計、10特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、災害給付見舞…
  5.  小田原市は10月5日までに、小田原市・南足柄市「中心市のあり方」に関する任意協議会の結果と市の合併…
  6.  山北町議会(府川輝夫議長)の「平成30年第一回定例会」は、3月2日から15日までの会期14日間の日…

ページビュー

  • 80245総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 90昨日の閲覧数:
  • 1593月別閲覧数:
ページ上部へ戻る