【小田原市】高血圧予防は食事から/脳血管疾患予防講演会(2月18日)

 小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況が続いている。小田原市が平成25年度に行った栄養調査では、市民の塩分摂取量は11.1gで、市の健康増進計画が目標とする8.0gより3.1g多くなっている。

 小田原医師会や小田原食品衛生協会、小田原市などは2月18日午後1時30分から、脳血管疾患による死亡率を低下させるため、病気への理解を深め、予防のための知識普及を目的にした「脳血管疾患予防講演会」を小田原市栄町のジャンボ―ナックビル5階・小田原お堀端コンベンションホールで開く。受付は午後1時。武田薬品工業が共催。定員は300人。締め切りは2月16日。
同会では、小澤優樹医師(小田原医師会)によるオープニング講演「脳血管疾患の病態と小田原市の現状」をはじめ、日下美穂医師(日下医院院長)による特別講演「健康の大原則、減塩はもう常識!子供も大人も積極的減塩行動を」、そして武井和夫医師(小田原医師会)のクロージング講演「急性期の症状と救急時の対応」が行われる。また、美味しい適塩メニューの紹介・試食もある。総合司会は小田原医師会の高見澤徹医師が務める。
 特別講演の講師・日下医師は、日本高血圧学会専門医・減塩委員会委員、広島市や呉市で「減塩サミット」の代表を務めるなど、減塩対策に積極的に取り組んでいる。
 申し込み・問い合せは、小田原市健康づくり課(保健センター内、0465-47-0820)へ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  ポイ捨てや不法投棄の無い美しい箱根にしよう! を合言葉にした「ゴミ不法投棄防止一斉パトロール&美化…
  2.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…
  3.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  4.  開成町議会(茅沼隆文議長)はこのほど、全国町村議会議長会(櫻井正人会長)から通年議会や日曜議会の開…
  5.  熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20…
  6.  《次代の山北を担う子どもたちが、議会の仕組みを知り、町の姿に関心を持って貰おう》と山北町(湯川裕司…

ページビュー

  • 86485総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1040月別閲覧数:
ページ上部へ戻る