【小田原市】高血圧予防は食事から/脳血管疾患予防講演会(2月18日)

 小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況が続いている。小田原市が平成25年度に行った栄養調査では、市民の塩分摂取量は11.1gで、市の健康増進計画が目標とする8.0gより3.1g多くなっている。

 小田原医師会や小田原食品衛生協会、小田原市などは2月18日午後1時30分から、脳血管疾患による死亡率を低下させるため、病気への理解を深め、予防のための知識普及を目的にした「脳血管疾患予防講演会」を小田原市栄町のジャンボ―ナックビル5階・小田原お堀端コンベンションホールで開く。受付は午後1時。武田薬品工業が共催。定員は300人。締め切りは2月16日。
同会では、小澤優樹医師(小田原医師会)によるオープニング講演「脳血管疾患の病態と小田原市の現状」をはじめ、日下美穂医師(日下医院院長)による特別講演「健康の大原則、減塩はもう常識!子供も大人も積極的減塩行動を」、そして武井和夫医師(小田原医師会)のクロージング講演「急性期の症状と救急時の対応」が行われる。また、美味しい適塩メニューの紹介・試食もある。総合司会は小田原医師会の高見澤徹医師が務める。
 特別講演の講師・日下医師は、日本高血圧学会専門医・減塩委員会委員、広島市や呉市で「減塩サミット」の代表を務めるなど、減塩対策に積極的に取り組んでいる。
 申し込み・問い合せは、小田原市健康づくり課(保健センター内、0465-47-0820)へ。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  2.  熱海梅園で1月6日、第74回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニ…
  3.  南足柄市(加藤修平市長)は2月13日、一般会計と6特別会計(国民健康保険、訪問看護ステーション、介…
  4.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  5.  3月10日、伊東観光会館大ホールにて、「伊豆のODORIKOフェスティバル・プレビュー公演」(主催…
  6.  湯河原町は1月2日、「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の往路ゴール地点の芦ノ湖畔で…

ページビュー

  • 72493総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 1410月別閲覧数:
ページ上部へ戻る