【小田原市】1月26日は「文化財防火デー」/松永記念館で初期消火・放水訓練

 小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念館で初期消火と消防ポンプ自動車による放水訓練などを行った。
 訓練は、咲き誇る白梅の甘い香りが漂う園内に建つ同館本館の2階台所から出火。職員が観光客の避難誘導や消火器による初期消火を行うが、火勢が強く、延焼の恐れがあるとして119番通報、駆けつけた消防自動車から放水し、鎮火するという想定で行われた。
本番さながらの放水訓練の後、同61年に移築した野崎廣太(幻庵)の茶室「葉雨庵」、安左ヱ門の居宅「老欅荘」で消防設備の点検・指導などを行った。

消防署員に火災の状況を説明する同館の職員


青く澄み切った冬の空に虹を架けた放水訓練

 「文化財防火デー」は、昭和24(1949)年1月26日に世界最古の木造建築・法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したのを機に、当時の文化財保護委員会(現・文化庁)と国家消防本部(現・消防庁)が同30年に定め、文化財を火災・震災などの災害から守るとともに文化財愛護への意識高揚を図っている。
 松永記念館は、戦前・戦後を通じて「電力王」と呼ばれた実業家で数寄茶人としても知られる松永安左ヱ門(耳庵)が、昭和21年に小田原へ移り住んでから収集した古美術品を一般公開するため、財団法人を設立し自宅の敷地内に建設した建物。その後、財団が解散し、敷地と建物が小田原市に寄付された。
 26日は、ほかに同市城内の郷土文化館や小田原城天守閣、玉宝寺、総世寺の4カ所、翌27日に郷土の偉人・二宮尊徳の生家、飯泉観音で知られる勝福寺、宝金剛寺、船津家の長屋門など4カ所で消防設備の点検・指導を実施した。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  --延暦19(800)年、貞観6(864)年、宝永4(1707)年など古代から幾度となく噴火を繰り…
  2.  スギ・ヒノキの新植地での林業被害、里山地域での農業被害による耕作放棄地などシカ問題を考えるシンポジ…
  3.  熱海市立図書館に熱海市にゆかりの深い作家で江戸川乱歩賞を受賞した「高層の死角」などの作品で知られる…
  4.  クリスマスの12月25日、熱海梅園では、ほかの花木に先駆けて咲くロウバイ(蝋梅)が、ロウ細工のよう…
  5.  大井町立大井小学校の石綿一弘校長はじめ6年3組の関野祥一教諭と児童33人が2月21日午前、大井町役…
  6.  全印刷局労働組合小田原支部の下川光男執行委員長と中崎貴洋青年女性対策部長はこのほど、小田原市役所に…

ページビュー

  • 75866総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 54昨日の閲覧数:
  • 1216月別閲覧数:
ページ上部へ戻る