【小田原市】火に祈る!修験道・千年の秘法/満福寺の「火伏まつり・火渡り修行」

 熾火(おきび)の上を素足で渡り、煩悩や諸悪を焼き尽くす修行で知られる小田原市中里の延寿山成就院満福寺(藤原慈舟住職)の「火伏まつり・火渡り修行」が1月28日、同寺本堂と境内で行われた。同寺は、建長6(1254)年、箱根金剛王院(現・箱根神社)から下向した1人の僧侶により創建された、と伝わる。

うずたかく積まれた護摩に火が入った

 「火伏まつり」は正午から、本堂で護摩を焚いた後、関東一円から駆けつけた修験者が、境内で山伏問答や神木登り、宝剣・宝弓・宝斧など千年来の歴史を持つ山伏の所作法や熊笹に浸した熱湯を頭からかぶる〈湯立て式〉を行った。

 〈火渡り修行〉は、スギの小枝や古い札などで数メートルほどの高さに組まれた護摩に火が入り、参詣の老若男女が願い事を書いた〈祈願札〉を次々と投げ入れた後、藤原住職をはじめ山伏たちが素足で宝剣をかざしながら、煙と風に煽られて真っ赤に燃える熾火の上を渡った。周りには、アマチュアカメラマンらが陣取りシャッターチャンスを狙った。火勢を弱めた後には、参詣者らが手を合わせながら次々と火渡りを行い、一年の健康や家内安全、交通安全、商売繁盛などを祈った。

宝剣をかざしながら熾火の上を渡る藤原慈舟住職

関連記事

注目の記事

  1.  南足柄市(加藤修平市長)は12月10日、市役所玄関前の市民広場で「ウガンダ共和国への消防自動車贈呈…
  2.  正月の風物詩「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」に係わるサッポロビール(株)、敷島製…
  3.  戦国時代、親子・兄弟・一門が争うことなく国力を高め、5代100年にわたって関東一円を治めた小田原北…
  4.  市民ホール整備事業に伴う設計施工事業者の選定で、小田原市は9月19日、プロポーザルの一次審査結果を…
  5.  企業と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」。松田町(本山博幸町長)は8日、「寄…
  6. 小田原市(加藤憲一市長)は10月16日から、南足柄市との合併の是非を判断するのに当たり、市民の意向を…

ページビュー

  • 75438総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 788月別閲覧数:
ページ上部へ戻る