【伊東市】古事記の「こころ」勉強会/4月18日に開催!

 4月18日に伊東で「古事記」の勉強会が開催される。日本最古の歴史書、古事記について、また、先人たちが伝えてきた日本人の本質、日本の国柄を、勉強会を通して知っていただきたいという目的で、仏師の山崎仁さんが主催する。
 今回招聘されたのは、湯島天満宮権禰宜(ごんねぎ:神職の一つ)の小野善一郎先生。月間50回以上の講演数で、神職の間に全国を駆け回る、現代の伊勢神道学の第一人者であり、今回の伊東の勉強会でも深く広いお話が期待できる。

 主催の山崎さんは、伊東に本拠を構えながら、伊豆市の修禅寺で仏像彫刻教室を開くほか、通訳案内士として英語にも堪能で、仏像を英語で説明することもできる多才な青年仏師。山崎さんは本会の主催にあたり「外国人観光客を案内することも増えている日本人だからこそ、まず参加してみて先人たちが伝えてきた日本の心を知ってもらいたい。日本人の“背骨”のような古事記を少しでも勉強すれば、外国人と触れ合う時に必ず役立つ何かが得られると思う。」とし、幅広い年代の多くの方々に関心をもってもらいたいと願いを語っている。
 勉強会の概要は、下記の通り。
 古事記の「こころ」勉強会 in伊東
【日時】4月18日(水曜日)17:30~19:00 (開場17:00~)
【定員】50名(要予約)
【参加費】2000円(高校生まで無料、外国人の方は無料) 夫婦割引あり。夫婦お二人で3000円。
【テキスト】当日はテキストとして『日本を元気にする古事記の「こころ」』青林堂(改訂版/2160円)を使用。会場で販売。コピー版は200円。いずれかを御希望される方は、事前に連絡が必要。
【会場】松原温泉会館2階会議室(伊東市松原本町13-3)伊東駅より徒歩10分(会場には駐車場がありません)
【講師】小野善一郎氏:湯島天満宮権禰宜。國學院大學兼任講師。福島県生まれ。國學院大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期終了、神道学博士。神社本庁の外郭団体である日本文化興隆財団ほか、多くの講座やセミナーなどで古事記、神道関連講座の講師を務める。著書:『伊勢神道思想の形成』『古事記の「こころ」』『日本を元気にする古事記のこころ』『あなたを幸せにする大祓詞』、『祝詞練習帳』など。
【申し込み方法】フェイスブックイベントページ https://www.facebook.com/events/166706387311826/
 または、山崎さんに直接連絡する。メール:everything-has-itstime@docomo.ne.jp 電話090-4360-6203
 勉強会の後、有志による懇親会も予定されているので、申し込みの時には懇親会への希望も伝える。(予定会費4000円)春が待ち遠しい現在であるが、歴史ロマンかおる四月のイベントを今から予約しておくのも楽しい。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  無投票モードから一転、投票モードとなった箱根町議選は9月24日、投開票された。現職13人と新人3人…
  2.  11月10日夜、「伊東温泉尻つみ祭り」(主催:玖須美氏子総代会)が市内の音無神社で開催された。同祭…
  3.  第153回芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」を映画化した「火花」」(板尾創路監督)が11月…
  4.  南足柄市(加藤修平市長)は平成25年度から、景観啓発事業の一環として市内の小中学生を対象に景観絵画…
  5.  山北町(湯川裕司町長)の観光スポット「洒水の滝」では平成16年頃から、観瀑台へと続く遊歩道で落石が…
  6.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…

ページビュー

  • 84120総閲覧数:
  • 116今日の閲覧数:
  • 115昨日の閲覧数:
  • 2406月別閲覧数:
ページ上部へ戻る