【伊東市】伊豆ならではのイベント&名産市/大盛況!伊東温泉めちゃくちゃ市

 伊東市で1月27日、28日の両日に「第24回伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催された。伊東オレンジビーチや東海館にも近い「松川藤の広場」を中心に二日間にわたって数々のイベント開催や出店がみられ、寒さにもかかわらず、多くの人出でにぎわった。
 27日土曜日は、大人気の「ひもの開き日本一大会」が開かれたほか、伊東囃子の演奏、BINGO大会などで盛り上がった。28日日曜日は、大オークション大会が開かれ、大きな魚のセリに会場が沸いた。ユニークなのは「タモ網」をせり落とすと、そのタモで生簀から生魚をすくい上げるというイベント。大きなタモを獲得しても、生魚がうまくすくえるか、レディーゴー!の合図とともに参加者たちは夢中でタモを操り魚を追っていた。

大人気だった「生魚タモすくい上げ」

 二日間、オール伊豆の名のもとにふさわしく、伊豆半島各地から名産市が集まり、試食をふるまったりテレビ取材時の説明をしたりと集まる人々にアピールし、まっすぐに歩けないほどの賑わいになった。また、会場の脇では、伊東温泉競輪のマスコットキャラクター「ミカリン」の巨大トランポリンが設置され、ミカリンのおなかの中でトランポリンで遊ぶ子供たちが歓声をあげていた。

伊東温泉競輪のマスコット「ミカリン」の巨大トランポリン


(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  のどかなみやまの里に清々しい甘い香りを運ぶ早春の花・蝋梅(ろうばい)を愛でる「第7回松田町寄(やど…
  2.  江戸時代中期から相模地方に伝わる相模人形芝居の五座が一堂に揃い、日ごろの鍛錬の成果を披露する「第4…
  3.  NEXCO中日本(東京支社小田原保全サービスセンター、小田原市、吉田陽子所長)は、2018年元旦の…
  4.  伊東商工会議所青年部(気鋭の会)主催による「仕事のコツ」セミナーがこのほど開催され、平日の仕事帰り…
  5.  人口1万人規模の自治体で、実現可能な〈自然エネルギーによる地域再生モデル〉の構築に取り組む松田町(…
  6.  小田原市本町に計画されている「市民ホール」の設計・施工者を決める公募型プロポーザルの二次審査が12…

ページビュー

  • 70452総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 1246月別閲覧数:
ページ上部へ戻る