【伊東市】伊豆ならではのイベント&名産市/大盛況!伊東温泉めちゃくちゃ市

 伊東市で1月27日、28日の両日に「第24回伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催された。伊東オレンジビーチや東海館にも近い「松川藤の広場」を中心に二日間にわたって数々のイベント開催や出店がみられ、寒さにもかかわらず、多くの人出でにぎわった。
 27日土曜日は、大人気の「ひもの開き日本一大会」が開かれたほか、伊東囃子の演奏、BINGO大会などで盛り上がった。28日日曜日は、大オークション大会が開かれ、大きな魚のセリに会場が沸いた。ユニークなのは「タモ網」をせり落とすと、そのタモで生簀から生魚をすくい上げるというイベント。大きなタモを獲得しても、生魚がうまくすくえるか、レディーゴー!の合図とともに参加者たちは夢中でタモを操り魚を追っていた。

大人気だった「生魚タモすくい上げ」

 二日間、オール伊豆の名のもとにふさわしく、伊豆半島各地から名産市が集まり、試食をふるまったりテレビ取材時の説明をしたりと集まる人々にアピールし、まっすぐに歩けないほどの賑わいになった。また、会場の脇では、伊東温泉競輪のマスコットキャラクター「ミカリン」の巨大トランポリンが設置され、ミカリンのおなかの中でトランポリンで遊ぶ子供たちが歓声をあげていた。

伊東温泉競輪のマスコット「ミカリン」の巨大トランポリン


(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  伊東市内の小学生たちが、模擬的な会社をつくり、商品の企画から販売までを行う起業体験「伊東こどもビジ…
  2.  熱海市は、耐震問題と利用者減少で2019年3月で市振興公社が管理する姫の沢公園の「自然の家」を撤廃…
  3.  衆院選(10月22日投開票)公示後、最後の日曜日なった10月15日、自民党の「最強助っ人」小泉進次…
  4.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  5.  生け花の小原流小田原支部の田代春紅支部長はじめ副部長の平井光華さんと相原春紘さんがこのほど、小田原…
  6.  9月10日執行の松田町長選で再選を果たした本山博幸町長が25日、決意も新たに2期目の初登庁をした。…

ページビュー

  • 84484総閲覧数:
  • 97今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 2770月別閲覧数:
ページ上部へ戻る