【伊東市】伊豆ならではのイベント&名産市/大盛況!伊東温泉めちゃくちゃ市

 伊東市で1月27日、28日の両日に「第24回伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催された。伊東オレンジビーチや東海館にも近い「松川藤の広場」を中心に二日間にわたって数々のイベント開催や出店がみられ、寒さにもかかわらず、多くの人出でにぎわった。
 27日土曜日は、大人気の「ひもの開き日本一大会」が開かれたほか、伊東囃子の演奏、BINGO大会などで盛り上がった。28日日曜日は、大オークション大会が開かれ、大きな魚のセリに会場が沸いた。ユニークなのは「タモ網」をせり落とすと、そのタモで生簀から生魚をすくい上げるというイベント。大きなタモを獲得しても、生魚がうまくすくえるか、レディーゴー!の合図とともに参加者たちは夢中でタモを操り魚を追っていた。

大人気だった「生魚タモすくい上げ」

 二日間、オール伊豆の名のもとにふさわしく、伊豆半島各地から名産市が集まり、試食をふるまったりテレビ取材時の説明をしたりと集まる人々にアピールし、まっすぐに歩けないほどの賑わいになった。また、会場の脇では、伊東温泉競輪のマスコットキャラクター「ミカリン」の巨大トランポリンが設置され、ミカリンのおなかの中でトランポリンで遊ぶ子供たちが歓声をあげていた。

伊東温泉競輪のマスコット「ミカリン」の巨大トランポリン


(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…
  2.  鎌倉時代の故事を起源とする山北町・室生神社の流鏑馬(やぶさめ)が3日、神社前の道に砂を敷き詰めた約…
  3.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  4.  来年6月28日~7月1日に初開催される「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)に、市が500万円の補助…
  5.  碧く輝く相模の海を望む小田原市根府川にアトリエを構え、2013年8月に93歳の天寿をまっとうした画…
  6.  全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、高橋弘会長)は11月29日、同グル…

ページビュー

  • 103133総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 872月別閲覧数:
ページ上部へ戻る