【伊東市】城ヶ崎海岸を小学生に案内してもらおう!ジオツアー

 2月15日、伊東市立富戸小学校の児童の案内による「ジオツアー」が開かれる。伊豆半島ジオパークの中でも、その成り立ちや現状が最も分かりやすい城ヶ崎海岸。ここで学び暮らす地元の小学生が参加者を案内してくれる企画がある。駐車場から「いがいが根」そしてかんのん浜の合計60分間のウォーキングツアー。トレイルと呼ばれる海岸線を利用した遊歩道をグループに分かれて歩く。富戸小学校の総合学習の一環として組み込まれており、日ごろの勉強の発表の場にもなるため、どんな説明が聞けるのか楽しみである。

▽日時:2月15日(木)9:30~ (受付9:00~)
▽場所:集合・解散ともに城ケ崎海岸いがいが根駐車場
▽対象者:ごつごつとした道も含む60分間のウォーキングが可能な方ならば誰でも。先着40名。
▽申込み方法:伊豆半島ジオパーク推進協議会Webサイトから。http://izugeopark.org/20180215/
▽問い合わせ:同事務局0558-72-0520
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  日本競輪選手会神奈川支部の吉田晴行支部長と小田原競輪場開催執務委員長の隅田俊幸市公営事業部長らはこ…
  2.  箱根町仙石原の箱根ガラスの森美術館(岩田正崔館長)は、2月22日を語呂合わせで年に一度、《富(ふ)…
  3.  大井町(間宮恒行町長)は11月12日午前9時30分から、《ひとと自然が築く美しいまち“おおい”の未…
  4.  熱海市咲見町の山田屋水産(福島瞳社長)が製造販売する熱海ブランド商品「しいたけ坊ちゃん丸」が全国的…
  5.  大井町相和地域7集落のひとつ高尾地区の有志で組織する「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表、会員10人)…
  6.  南足柄市(加藤修平市長)などは11月11日午後1時45分から、東日本大震災の教訓を生かし、減災に必…

ページビュー

  • 73789総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 695月別閲覧数:
ページ上部へ戻る